こんにちは。

ピースボートインターンの鈴木です。

 

今回は朝日新聞の記事に

第7回おりづるプロジェクトに乗船し、

現在行われている第9回おりづるプロジェクトに参加している

坂下紀子さんの記事を紹介します。

 

坂下紀子さん

 

坂下さんは2歳のときに広島で被爆しました。

「あの地獄絵は絶対に繰り返してはいけない」と言い続けた

お母さんの死をきっかけに被爆証言をしていくことを決めました。

 

今回はそんな坂下さんが胸に秘めた被爆体験を

原爆と正面から向き合って書いた詩に、

チェロ奏者の平井丈一朗さんが曲をつけました。

 

詩のタイトルは「秋の約束-ひろしま-」。

 

「もういいかいっ もういいよーっ」

ふるさとの比治山が

炎の色に包まれる季節

山の小道で

耳を澄ますと聞こえてくる

一瞬にして炎に包まれた

あの夏の日の

幼い命たちの歌声

(後略)

 

ありのまま伝えるということを大切にしながら

このような詩をつくっています。

 

今回のおりづるプロジェクトでは、

自作の詩を英語にしてよりたくさんの人に

あの日のヒロシマを知ってもらうべく活動しています。

 

この歌を含む初披露会が9月28日に東京文化会館ホールで行われます。

「新しい日本の歌」新作発表演奏会です。

午後6時から3000円で入場できますので

お時間がある方はぜひ足を運んでみてください。

 

▼被爆体験、歌で向き合う

http://www.asahi.com/articles/CMTW1609261300007.html

 

 

ピースボートインターン 鈴木慧南

AD