瑕疵担保責任とは、

売買の目的物に「隠れたる瑕疵」があった場合に、

売主に負わされる「無過失責任」のことです。


瑕疵とはキズのことです。

責任とは、損害賠償の責任

また、買主の目的が達成できないときには、

売買契約が解除される場合もあります。



無過失責任ですので、

知らなかったキズだとしても責任を負わなくてはいけません。


ただ、永久に、常に責任を負わなくてはいけないわけではなく、

実務上では、「引渡し後3ヶ月」というような定めをしています。

また、そのキズを買主に伝え、買主の了解を得て売買契約に進んだ場合には、

責任を負わずに済みます。




すみやかに不動産を売却したい方はこちら


========================================================




AD