短期間で高値の成約を目指すためには、

業者や個人の方に限らず、

より多くの人の目に触れる販売活動が

必要となります。



販売活動方法には、いくつか種類があります。


どのような販売活動をしていくのかは、

その業者によって異なりますが、

媒介契約の種類によって、

必ずしなければいけないことがあります。


専任媒介契約であれば7営業日以内に、

専属専任媒介契約であれば5営業日以内に、

国土交通大臣が指定した、

指定流通機構(レインズ)といわれる団体の

ホストコンピュータへの登録が義務付けられています。


レインズへは宅建業者しかアクセスできないため、

一般の方は見ることができません。

多くの取引関係者が物件情報を共有することにより、

迅速な情報交換が行われ、不動産取引の拡大が図られるのです。




不動産売却の注意点(媒介契約形態(業界の裏側1)) でもお伝えしたとおり、

この販売活動の段階で、

情報を外部の業者に流さない場合があります。


外部に流しているのかいないのか、

それを確かめるには、

業者のフリをして電話をかけてみる手がありますが、

それで実際に情報が隠されてしまっていることが

分かったとしても、

もう既に媒介契約を結んでいるので、

簡単に辞めることはできません。



また、事前に調査しようとしても、

なかなかわからないので、


依頼した業者が、しっかり情報公開してくれることを

祈るしかありません。




すみやかに不動産を売却したい方はこちら


========================================================



AD