専属専任媒介契約は、

他の業者に重ねて売却の依頼ができない上、

仮に自分で買主を見つけてきたとしても、

必ずその業者が間に入ることを約する契約です。


有効期間は専任媒介と同じ3ヶ月以内となり、

3ヶ月を超える部分は無効になります。


業務処理報告は、

専任媒介よりも厳しく、

2週間に1度売主に報告をする必要があります。


また、媒介契約から5日以内に、

指定流通機構(レインズ)に、

売買対象物件の内容を登録しなければなりません。



たとえ、「親族が買うことになった」

と言っても、必ず間に業者が入ることになります。


依頼者にとって、とても制約の強い契約なので、

業者にも強い注意義務を課しています。



すみやかに不動産を売却したい方はこちら


========================================================



AD