以前、保有しているアパートを

売るべきか保持し続けるべきか、

という相談に来られたお客様がいました。


資産を殖やすということで、

東京在住ながら、

福岡のアパートを、

2つ購入したということでした。


今となっては、

毎年100万円が持ち出され、

それが80歳まで続く状態となっており、

不労所得が始まるのは

それ以降になるということでした。


もちろん、買った当初よりも、

価格は下がっていました。





また、7年ほど前に、

新築ワンルームをおよそ2,000万円で

購入された方がおりました。


やはり毎月持ち出しが生じていたため、

その物件を売却することになり、

売出をしましたが、成約した価格は、

1,500万円程度になってしまいました。






これらのように、

アパート一棟を購入しても、

ワンルームマンションを購入しても、

入口と出口がしっかりしていないと、


持っていても毎月持ち出し

売っても譲渡損


ということになってしまいます。


そして、投資になりえていない現実に、

頭を悩まされている方々が、

実は多数いらっしゃいます。



このような失敗になってしまった投資の結末は、、、



1.借入金を完済するまで我慢する。

2.今売却して損を確定する。



の二つしかありません。




不動産投資失敗の結末はこうなりますので、

覚えておきましょう。




リスクを軽減した不動産投資をしたい方はこちら



============================================================



AD