借入の申込みをして、
貸付承認が下りたら、
次は金銭消費貸借契約の締結になります。


そのまま契約を締結する分には、
特段問題にはなりません。



しかし、当初の予定を変更して、
「やっぱり不動産の名義を共有にしたい」
「もう少し借入額を増やしたい」
という場合には、
もう一度審査からやり直しとなります。




ローンの部分については、

どこで建てても同様にサポートを

してくれるかといえば、

決してそうではありません。



「ローンは自分でやってください」


と、投げられてしまうこともありますので、

その場合には、自分で動いて

調整していく必要があります。




住宅購入相談はこちら



============================================================


AD