住宅購入の流れ (ローン)

テーマ:

売買契約を締結した後、

借入で購入する方は速やかに、

金融機関へローンの申込みを

する必要があります。



通常、売買契約を締結した方々は、

「事前審査」が通っている方たちなので、

本審査で落ちる可能性は少ないはずです。


それでも、万が一予定通りの借入ができなかった場合には、

一定期間内であれば、

白紙解除をすることができます。


つまり、

手付金の没収も、

違約金の支払いもなく、

契約をしなかったのと同じ状態

戻すことができるのです。

(前回の手付による解除の例外です)



しかし、

「やっぱり購入するのを辞めよう」と思い、

本審査を受けるまでに、

車をローンで購入したり、

キャッシングをしたりして、

予定の金額を借りられなくすると、

故意にローンの成立を妨げたということで、

ローン条項の適用がなくなります。


その場合でも、

手付解除期限内であれば、

手付金放棄で対応できますが、

その期限すらも過ぎてしまったら、

違約ということになってしまいます。


もし、違約になると、売買代金の20%

となっていることが通常ですので、

物件価格が2,000万円の場合、

400万円にもなってしまいます。


これらのことからしても、

売買契約を結んでから

気が変わることがないよう、

納得のいく住宅購入を、

購入する前から行う必要があります。




住宅購入相談はこちら



============================================================





AD