重要事項説明終了後、

通常であればすぐに売買契約締結に移り、

手付金の授受が行われます。



これで、晴れて契約成立となりました。



ここから先、計画を中止したくなったら、

一定期間の間に、

手付金を放棄するだけで、

一方的に解除することができます。


この一方的に解除する権利は、

売主にもあります


売主から「解除したい」旨の申し出があった場合は、

支払った手付金が返還される上、

それと同額の金額が売主から支払われます(手付倍返し)。



ただ、解除できるといっても、

通常100万円近いお金が動きますので、

解除するというのはよっぽどのことがない限り

すべきではありませんし、

そうならないよう、事前に準備しておく必要がありますね。




売買契約を締結したら、

次のステップは、ローンです。





住宅購入相談はこちら



============================================================

AD