道路と一言で言っても範囲が広いのですが、

物件の価値は道路に左右される、

と言ってもよいほど重要な要素です。


新築・中古戸建を購入される方であれば、

なおのことです。


この道路の種類によって、

再建築できるかどうかが決まってきますが、

再建築できない場合には、

チラシなどに「再建築不可」と書いてありますので、

まず、そういった物件を購入してしまう恐れは少ないでしょう。



ただ、注意をしておかなくてはいけないのは、

「今現時点では再建築できるが、

 将来は再建築できなくなる可能性があるよ」

という道路、

建築基準法第43条第1項但書きに該当する道路(但書道路)です。


法律の文言は、

「ただし、その敷地の周囲に広い空地を有する建築物

 その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、

 特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて

 建築審査会の同意を得て許可したものについては、この限りでない。」

と書かれています。



将来建て替えられない可能性を秘めているため、

この但書道路に該当する物件は、

他の物件より割安です。




この但書道路の土地を購入し住宅を建てようという場合、

将来建て替える時において、

従前の建築物が要件を満たさなくなってしまっていると、

「許可が下りずに建て替えられない」

という可能性を理解した上で

実行に移す必要があります。




住宅購入相談はこちら



============================================================




AD