物件を決める上で、

重要な位置づけとなる情報の一つに、

アクセスがあります。


駅から徒歩何分か

駅からバス何分か


は、重要な要素です。



ここでは二つ、注意点に触れておきます。



一つ目は、

「徒歩○○分」という表記です。


いくら、「徒歩10分」としてあっても、

ちゃんと歩いて計った時間ではない場合があるということです。


広告上では、

信号の待ち時間、踏み切りの待ち時間などは、

考慮しなくて良いことになっていますし、

実際歩かなくても、

80mを1分として掲載して良いことになっています。


従って、

現場まではしっかり自分の足で行ってみましょう。






二つ目は、

「徒歩15」分 という表記です。


徒歩15分は、歩ける限界の時間です。

従って、多少15分以上かかっても、

「徒歩15分」

と表記してしまう場合があります。



ここでもやはり、

しっかり自分の足で行ってみましょう。



住宅購入相談はこちら



============================================================



AD