フラット35は民間金融機関と住宅金融支援機構が

提携して提供している長期固定金利住宅ローンです。

15年~35年以内の期間を設定できます。


その間の金利が変わらないということで、

返済額を一定にしたい方、

急激に金利が上昇すると思っている方、

一部の自営業者の方などに

向いているローンです。






新築住宅を購入される方では

さほど問題ありませんが、

中古の住宅を購入される方で、

「フラット35で借りたい」

と思われている方は注意が必要です。



フラット35においては、

適合証明という書類が必要になります。


その住宅がフラット35の技術基準を

満たしている必要があり、

原則検査が必要となります(フラット仕様と言ったりします)。



とすると、

フラット35で組むことを前提に契約した後に、

検査の結果、その物件が不適合となった場合

借りることができないので、

売買契約を白紙にして解除することができます。


売主側からすると、

フラット35以外のローンであれば、

通常通り進められたのに、

買主が「フラット35で借りる」としたがため、

その物件がフラット仕様ではない、

というあずかり知らないところで、

契約が白紙解除になってしまうのは

リスクが高いわけです。



中には、

「フラットで借りるんだったら売らなかった」

などと言う人もいるくらいです。



ですので、

中古の物件を購入する際に、

「フラット35で資金調達する予定」

とするのは、嫌がられる傾向にありますので、

注意しましょう。




住宅購入相談はこちら



============================================================




AD