セットバックとは、

建築基準法42条第2項の道路に接している敷地で、

道路の境界線を後退させることをいいます。


2項道路とも呼ばれていますが、

幅員が4m未満の道路に特定行政庁が指定します。


目的は、再建築する際に、

その道路の中心線から2mまで後退させ、

幅員4mを確保して、

緊急車両などをスムーズに通行させることです。



例えば、道路幅員が2mの場合は

片側に1mずつ後退しなければいけないわけです。


これから購入する敷地が目減りしてしまうのは

あまり気持ち良くありませんが、

幅員が4mになれば、

土地の価値としては高まりますので、

悪いことばかりではありません。



後退した状態であっても、

希望の間取を入れられるかどうか、

その道路を通っての車の出入りがスムーズかどうか、

敷地の前に電柱などがないかどうか、


をしっかり確認しましょう。



また、道路の中心を示す「ポイント」が打ってあるかどうかも

確認しておきましょう。


住宅購入相談はこちら



============================================================


AD