January 28, 2008

宇宙戦艦ヤマトA

テーマ: ├ 新基準機

【メーカー】バンプレスト(サミー)
【販売年月日】2000年11月
【(C)】LM/TFC・BV
【タイプ】A400
【特徴】元祖版権トラブル機種?


年末に藤商事からパチンコで登場しましたが、中には「何で三共(ビスティ)じゃないの?」

と思われた方もいるかも知れませんね。


ヤマトリアル世代の方なら御存知かもしれませんが、このアニメは長らく版権問題で様々な

トラブルがあり、非常にややこしい問題を抱えているのです。


テレビアニメの最初の企画は西崎義展氏によって発案されたものだったのですが、途中から

松本零士を迎え入れる事になります。これは同氏の過去作品の一部に宇宙戦艦ヤマトという

物語が既に組み込まれていた為だと言われています。


SF関連に精通している松本氏はストーリーや設定部分にも深く関与したものの、残念ながら

テレビ放映では視聴率を得る事は出来ず中途で打ち切りとなってしまいます。


ところが総集編として仕上げた劇場版が大ヒットとなり、続編の制作が決まると、ここから両者

の対立が始まる事となります。


壮大なストーリーを構想した松本氏に対し、受けを狙ってドラマティックな展開を目指す西崎氏

で方針がまとまらず、結局劇場版は西崎氏・テレビ版は松本氏の意志が強く尊重される事とな

り結果として、同じ物語でありながら異なる2つの展開が存在する事となったのです。


ヤマトはその後もテレビ版をベースに続編が続く事となったのですが(劇場版ではほとんどの

キャラが死んでいるので当たり前ですが・・・)、これにより元々の著作権はどちらに帰属するの

かがあやふやなままになってしまいます。



更に、西崎氏が運営しているオフィスアカデミーが解散するとアニメに関する版権は東北新社

が管理する事となり、著作権問題は更に複雑な様相を示すようになります。


西崎氏はその後幾つかのトラブルにより拘束の身となったのですが、その時点で既に松本氏と

著作権問題で裁判沙汰となっていたようです。


これにより、ヤマトの版権を扱う事はどこと契約しても、いつ問題が発生するかわからない爆弾

を抱える危険性が常に付きまとう事となり、ガンダム等の一連のアニメに比べその露出度は大き

く失われてしまいました。


その後、和解が成立したようなのですが、噂では三共の大ヤマトも元々は宇宙戦艦ヤマトで開発

する予定で松本氏の許諾を得たものの他社から許可が下りず止むを得ずオリジナルで登場する

事になったそうな・・・・(キャラ等がほぼそのままパクられているのはその名残かな?)



しかしながらこの大ヤマトも東北新社から訴えられる結果となり不可解な判決で一応メーカー側の

勝訴となっています。


そんな経緯から実はこのヤマトが登場した時も、先ず思った事は「著作権大丈夫なのかなぁ・・・」と

いう素朴な疑問からでした。


シンプルな筐体で液晶等も採用されておらず、キャラクターやデザインの一部を使用しただけだった

ので、バンプレストの権限内でタイアップできたのかもしれませんけど・・・・


噂ではこの機種からバンプレストがパチスロ業界に参入するという噂も流れていたのですが、残念

ながらその後は版権管理の方に専念しているようですね。


ヤマトファンとしては是非とも打ちたかった一台なのですが、残念ながら元々限定販売だったようで

設置店を確認する事すら出来ず一度も見かける事がなかった幻の機種となってしまいました。


この一連のヤマト機種に関しては版権元をチェックすると機種毎に微妙に異なっていたりと、未だに

複雑な事情が入り組んでいそうですね。



いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

9 ■re宇宙戦艦ヤマト

ん~ここはスロブログなんで、その変の細かい部分まで追及する気は別にありませんが・・・

で、松本氏の主張なんですが、その記事では著作権云々を主張しているのではなく、あくまでも
参加した理由として思い当る事を述べているだけですよ。

従って後の裁判でそれを盾に権利を主張したわけではないと思いますが?

8 ■著作権

こんにちは。
14万8千光年彼方のような遅レスですみません。

>10年ほど前に出版されたコミックGONという
雑誌のインタビューで松本零士氏本人が語って
おられました。

これは当事者の主張ですね。
だから裁判になった・・・。
結果、1審で松本は完全敗訴しました。
その後も、松本の「電光オズマ起源説」が支持された裁判結果が出たことはありません。


松本は宇宙戦艦ヤマトの著作権移動に乗じ、その権利を我が物にしようとしました。


西崎氏逮捕当時、私は零時社で松本本人に会いましたが、そのときの低姿勢ながら、強い意志を放っていた彼の勇姿は、今となっては悲しき老人にしか見えません。

7 ■■宇宙戦艦ヤマト

既になくなっている方もおられますから再現は
難しいでしょうね。単発当りのエンディングで
声優さんが紹介されていますが、結構違う方が
担当されていますね。

ベースはゲーム版をなんでしょうが、個人的には
ライブラリを使用するとかでオリジナルで再現して欲しかったなぁ・・・・

6 ■著作権…

藤商事からばったモンじゃなくて本物のヤマトが出ると聞いた時に、私も一番初めに著作権が気になりましたよ~。(^_^;)
三共の裁判までは知らなかったですけど…。
大人の事情はいろいろありますね。

このスロ台は一度だけ見かけた事があるのですが、残念ながら打てず仕舞いでした。
なんかさっぱりしている印象しか残っていないですw

ぱちの話で申し訳ないですが、藤商事のヤマト、よくもまぁあれだけ声のオリジナルメンバーを集められたなぁと単発ラウンド中めっちゃ感心しました。
台を見る前から心配していた古代君とデスラーの声が全然違和感なくって良かったです♪
あぁ…語ると長くなる…。(^_^;)

5 ■re宇宙戦艦ヤマト

■表へ出ろ!さん
何年経ってもヤマトファンは熱いのですよ♪
著作権問題は未だにファンの間では結論が
出ないようで・・・自分も当時は「さらば」の方が
好きだったのですが、今改めてみると「2」も
捨てがたいなと・・特に地球艦隊vs白色彗星は
よくできているなぁと。

■tduさん
タイアップの大きさに比べ、実際に設置がやけに
少なかったのが当時は不思議で仕方ありません
でした。まぁ、あの頃のサミーですから完成度は
はなから期待はしていませんでしたが・・w

4 ■お久し振りです

御無沙汰してます。

これ、もう潰れてカラオケ屋になってる元ホームグラウンドにありましたよw
この台はBIG中5枚役のガミラスを目押しを駆使しトリプルラインで揃える
中々技術介入の高いゲーム性を持っていました…が、
ハズシの為に変則押しをするとシングルラインでしか揃わないと言う
常時「ダイナマイトの男気ハズシ」を強要されてる台です。
通常時の出目演出もなんかあんまりぱっとしなかった記憶があります。
そうそう、小冊子はカードみたいな小ささでした
この頃のサミーは歌舞伎だのスペースウィングだの今一つ垢抜けない台を連発してましたね…

3 ■1回だけ打ちました

上はなんかえらいことになっているようなそうでないような・・・・
さて名古屋時代に関市の○PEで打った記憶があります。当時のこのお店はスロ島が2箇所あり、
片方は確か沖スロ等の裏花畑で、パチ島の端にあるスロ島はノーマルだったような記憶があります。でも2K程で「○ソ台」とおもったような・・・

2 ■re宇宙戦艦ヤマト

>これは何処の情報ネタでしょうか?

10年ほど前に出版されたコミックGONという
雑誌のインタビューで松本零士氏本人が語って
おられました。

確か電光オズマ?(だったかな)という漫画の
中に宇宙戦艦ヤマト編というのがあり、恐らく
それを見た西崎氏が自分に声をかけてきたん
じゃないかな・・・という一節がありました。

雑誌が出たのが丁度西崎氏が逮捕された時で
松本氏はかなり怒り気味の内容となっています。

ちょっと探さなければなりませんが一応手元に
まだ雑誌が残っていますので、必要とあらば
詳しく調べ直せますよ♪

1 ■宇宙戦艦ヤマトの著作権

こんにちは。
現在宇宙戦艦ヤマトの著作権は、東北新社にあります。
松本零士にはありません。

>松本零士を迎え入れる事になります。これは同氏の過去作品の一部に宇宙戦艦ヤマトという
物語が既に組み込まれていた為だと言われています。

これは何処の情報ネタでしょうか?
このような「既に組み込まれていた為」などというのが理由とは私は初耳ですし、裁判でもそれがスタッフとして参加させてもらった理由とは、一言も語られていないと思います。
また、版権問題が表ざたになるまでに出版された宇宙戦艦ヤマト関係書物にも、そのような記載はないと記憶します。


宇宙戦艦ヤマトの元々の著作権は、松本氏が参考人として三共側に付いた裁判でも、三共側の主張で『西崎氏が代表を務める会社の権利』であると判断されました。
西崎氏が破産後「オレにも著作権の一部が有る」的主張をしていた松本氏が、自ら重要な証言をした裁判で(三共・東新パチンコ裁判)、自らの権利は無かった事を証明しました。
ただ、西崎氏が破産後の、ヤマトの権利を松本氏が宣言していたとの言い訳も付きますが・・・。

最新の裁判では宇宙戦艦ヤマトの著作権は宙に浮いた状態になっていますが(パチンコ裁判は、著作権の権利保持者を争うものではない。)、現に宇宙戦艦ヤマトのアニメ映像等を無断で使用すれば、東北新社から訴えられます。

問題のサミー商品ですが、2003年の松本・西崎裁判で松本氏が完全敗訴後、著作権表示がTFCに1本かされるまでの、「汚点」的コピーライト表示です。(私はこの件の経緯について、東新から回答を得ている。)
この頃から、松本・東新の蜜月関係は少なくなり、大ヤマトでは敵対関係になりました。

*指摘に間違いがあれば、当方サイトにどうぞ。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。