January 23, 2008

デスバレー

テーマ:■4・7号機

【メーカー】アビリット
【販売年月日】2004年3月8日
【タイプ】A700-ST
【特徴】メーカー公式サイト


4号機末期は話題性だけでシェアを伸ばしあっという間に姿を消した機種が数多く存在

するわけですが、その逆で優れたゲーム性を持ちながらもほとんど人気が出ずにひっ

そりと姿を消してしまった数少ない不遇台もありました。


個人的にその代表機種がこのデスバレーでして、未だに何故この台が受け入れられな

かったのか不思議でなりません。


極論するならば、この頃は既に面白さよりも分かり易さが人気の要因となっていた為か

も知れませんね。


確かに「それまでヒットしか事がないブラックリール」に加え「演出がドット表示」という安易

に近寄れないような様相を呈してはいますが、技術や知識で立ち回ると非常に甘いスペッ

クでありながら、ほとんど話題にならなかったのは4号機の七不思議に加えても良いので

はないかと・・・(残りの不思議は何かと聞かれても困りますが)



演出面は公式サイトに詳しく掲載されていますのでそちらを見て頂くとして、この台は大量

獲得機でありながら非常に優れた連荘性能も持ち合わせていました。



アビリットはそれまでに、ボーナス数回先までの連荘をあらかじめ決定しておくという独特

の放出システムを採用していました。その為「連荘回数を予告する」ような演出が盛り込ま

れていたのですが、その反面「規定G数の消化以外では解除されない」というデメリットも

ありました。



この機種では連荘回数を決定するだけでなく、ボーナス後はモード移行抽選も行なわれ、

又、チェリーによる小役解除を採用する等、システムに数多くの改良が加えられています。


同時期の大量獲得機と比べ天井も非常に浅く、はまった場合はビッグの比率が高まるだけ

でなく、連荘の期待度もアップする等、正に至れり尽くせりのゲーム性となっていたのです。


唯一の弱点は連荘モードの天井が384Gと広い為、解除の振分けに恵まれないとコインが

ほとんど増えなくなってしまう事位でしょうか?


演出でもややわかりにくい面があったものの、他機種と比べ見劣りがするというものでは

決してなかったように思います。


しかしながら登場直後はそのデザイン面での不気味さから敬遠され、スペックが判明すると

今度はエナの餌食になるという光景が非常に多く見受けられたような気がします。


■ボーナス動画



今こうやって見ても非常に魅力的だと思うんですけどねぇ・・・・???

死の谷を制覇すべく戦い続ける勇者ghxrj426さんの冒険の書はこちら

(その他の演出動画を見る事ができます)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。