January 10, 2008

押忍!番長

テーマ:■4・7号機

【メーカー】大都技研

【販売年月日】2005年7月4日
【タイプ】A400-ST
【特徴】ビッグ中に1G連が確定する激熱出目搭載


吉宗の爆発的ヒットにより、4号機末期を支えた大都技研の人気機種の一角を担った

代表機種とも言えるのがこの押忍番長でした。


獲得枚数こそ減少していたものの、基本スペックは吉宗を継承していたとの噂が先行し

登場前からホールからの注文が殺到して、設置台数を制限するという異例の販売方式が

取られた事で設置前から注目が集められていました。



前評判にたがわぬゲーム性が採用されており、文字通り「獲得枚数が減っただけの吉宗」と

いう評判通りの出来映えに仕上がっており、登場直後から圧倒的な人気を誇り、みなし機撤去

問題後も、その撤去危険ギリギリまで抜群の稼動を維持する事となりました。



そのゲーム性に関してはここで細かく紹介するまでもなく、少し検索すれば簡単に見つける事が

出来ると思いますので、あえて他では掲載されていないような裏話を紹介してみたいと思います。


先ず、この人気を支えた液晶演出なのですが、これを開発したがイート○ックという会社・・というのは

結構知れ渡っていると思います。


実はこの会社、吉宗の液晶も担当しており、この時は一括受注契約(販売台数に関係なく当初の金額で

開発を請け負う)で開発を行なったそうです。


所が、予想外のヒットによりこの番長の開発途中に印税方式(売れた台数により金額を上乗せ)にして欲しい

と大都に持ちかけたそうなのですが、案の定断られてしまい、提携を打ち切ってしまったそうなのです。


番長自体は契約が完了していた為に、途中で解約は出来なかったみたいなのですが、その後大都の新機種

からこのメーカーからの機種が登場していないところを見るとあながち嘘ではないみたいですねw


ちなみに最後に登場した秘○伝はこのメーカーとは一切関係ないようです。


何でもこれは元々大都の自社開発で、番長と同時開発されていたものを(他に売るものがなくなったので)

発表した所、予想外の反響で売り出したら受注が殺到した為に、急遽正式販売になったとか・・・・



その信憑性に関しては疑問符がつくところなのですが・・・



個人的には5号機で登場する真吉宗の「ゲーム性云々」よりも、この液晶部分での開発がどこで行なわれた

のかに注目していたりしますw



まぁ自分はこの番長自体をほとんど打ちこむ事がなかったのですが、その理由はゲーム性云々ではなく、

初打ちした時の出玉が問題だったのですが・・・・



■↓ここからは番長初打ちの日記を転載しています



とりあえず一度打って見たかっただけなので、本日B3R2で
170ちょいで捨ててあったのを打つ。

配列は吉宗っぽいのでBAR落としでサクサク打っていたら・・・
「ズル~ンと青7が上段に停止」

あっと思った時はもう遅い。既に中右も停止させていましたが

「上段に777」が揃っています(汗

せっかくの初ビッグが親父で揃いやがったよ・・orz



ちらっと雑誌で見た限りでは青は連荘しやすいとかいう話だったので
ちょっと期待してみた。

ボーナス終了後1G連きた~~~~♪
更にそのビッグでジャック外れきた~~~♪
その後も引き戻し来た~~~~♪

この3つを延々と繰り返して6時間後に



あっさりと万枚突破しました・・・・(汗



しょぼい店なんでレシート3枚にわけられているが、
一撃でこんだけでるもんなのか?

最終的に前任者込みの履歴が「B41R17」

俺が打っている間128を越えたのは1回(181でビッグ)
最後にスルーした時は青7だったのでちょっと粘ったら200ちょいで
B1R1を更に引き戻した。最後は念の為256まで回して止めたので
実質交換枚数=連荘で出た分。

いくら何でもBR混合で50連以上するなんて・・・もしかしたらとてつ
もなくレアなモードでもあるのか?

でもって覚えている限りの1G連
・ジャック外れ2回
・ビッグ揃い2回
・番長で謎連が3回
・女でパンチが1回

チェリー解除っぽいのは2回
弁当箱は1回



~~~~~~ここまで~~~~~~~



言うまでもなく、これはあくまでもレアな引きが連発した為の奇跡の出玉。


しかしながら、何の予備知識もなくいきなりこういう場面に遭遇してしまうと以後は

仮に解析が判明しても打つ気になれないのは至って普通の反応ではないかと・・・・・



まぁ、これが結果的に幸せだったのか不幸だったのかは別問題ですけどねw




■ゲームで遊ぶ

大都技研公式パチスロシミュレーター 押忍!番長

Amazon.co.jp


【DS】大都技研公式パチスロシミュレーター 秘宝伝・押忍!番長・吉宗 DS
Achieve Yahoo!店
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

11 ■re番長

いや、逆にあの時代に登場したからあそこまで
ヒットしたのではないかと・・・

これが吉宗より前に出ていたら多分マイナー機で
終わっていたのではないかと・・・

10 ■無題

液晶演出とか確かに素晴らしい出来です。割がもうちょい高ければ・・・ 

デビューする時代がもうちょい早ければと思うとホント惜しい台です。

勝つビジョンが全く見えてこないので敬遠しっぱなしでした。

9 ■re押忍番長

58×400=23200
40×110=4400

ざっくり計算するとIN8000枚位だから
5000P位ですかね?

ボーナス中が3000G位ありそうだから
10時間位でしょうか?

つか、ボーナス合成で50分の1程度なんで
連ゾーンをほとんど抜けていないような・・・

8 ■19760枚

かれこれ1年も前の事なので、記憶が曖昧ですが、結果だけ…
BIG 58回
REG 40回
投資2本
換金率 5.5枚

が、私の番長の最高記録です。

7 ■re番長

某業界関係の方が酒の席で触れていた話題
だったので、内容によって信頼度はピンキリ
なのですよ。

その後の経過を見て、まぁ記事にしても問題
ないかな・・・と思って今回のアップに至りましたw

6 ■名機

番長は、人物設定から演出設定、音楽SEと全てが自分の琴線に触れ、希代の名機であると今も思っています。
(今の携帯の待受けや着メロも番長です→バカ)

番長の開発うら話は、今初めて知りましたが興味深かったです。
実際にメーカーと開発はどのような位置付けの下に機種開発がされているのかよくわかりませんが、E社はその後に出されたゴエモンやキュウジを見ている限り、自分的には番長を超える出来の様には感じられず、返ってヨシムネと番長の呪縛に囚われ過ぎて後退している感じさえします。(あくまでも自分的にはですが)
やはりD社と一緒に開発したほうがお互いが昇華できるのではないのかなと思った次第です。

乱文失礼致しました。

5 ■re番長

この時代のものは懐かしさもそうですが、ネットで
各種情報が満載ですから、記事の内容で結構
悩んだりします。

自分はこの時代が異常だったと思っている方なんで何気に現在の状況って好きだったりしますが、やはり全撤去ではなく一定の割合で設置が
認められていれば上手く共存できたように思ったりします。

4 ■番長が

名機列伝で紹介される時代なんですねーー
つい最近のような、
でも4号機時代は遠い昔のような・・・
複雑な心境です。

番長はうちの近所でも18000枚とかでてましたが(BIG60とか)、
5号機とは同じ108%の機械割りでも圧倒的な出球推移の違いがわかりますね。

3 ■re番長

■continental777 さん
自分もゾーン狙いで打つ機会自体は結構あったと思うのですが、勝った記憶が見事にありませんw

まぁ、最初にこんなえげつない出し方をしてしまうと、以後は満足できるわけがないのですが・・

■TKさん
確かにこの台は規制を受けた4・7号機にも関らず結構万枚報告が出てましたよね。

17000枚なんて自分の過去の記録でも一度も
到達した事ないですよ・・・(羨

その引きがあれば5号機でも万枚が可能なのではと・・??(自分はもう諦めましたがw

2 ■17000枚!!

出始めた頃はヒキが弱かったのか、それほど連チャンしなかったので、あまり打つことはありませんでした。それが、アノ日を境に・・・。
渋谷駅前のガ○アに到着したのは、ちょうどお昼頃だったと思います。特に深い考えがあったわけではなく、ポツンと空いていた台に着席。数千円でビッグを引いてから、1G連と引き戻しの延々ループが始まったのです。一息ついたのが午後7時頃、ビッグ回数は55と表示されていました。17000枚!!
それからも順調に勝ち続け、万枚越えも数回あります。

1 ■番長

登場した当初は劣化版吉宗なんて私も思ってましたが、打ち込んでみると、これがよくできてまして...ともかくどうあがいても勝てないんですw
まあ、4号機の末期を飾る台としては、秀逸な出来の台だったと思いますよ...あまりにも見事な回収システムゆえ、すんごく負けましたが...(涙)。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。