November 17, 2007

サーフトリップ

テーマ: ├    AT機

【メーカー】アルゼ
【販売年月日】2001年5月27日
【タイプ】AC-AT
【特徴】2種類の集中役を採用



技術介入機によって一時は4号機の頂点に君臨したアルゼグループ。

その勢いはホールの設置状況だけでなく、専門誌でも常時特集が組まれるほどでした。


当時のマガジンではUMCというコーナーが設けられており、これはユニバーサルマニアッククラブの

略でして、要するに毎号アルゼ関連の専門記事が組まれていたわけです。


そして、読者の方もそれを特に凄い事とは思わず当たり前のように読んでいた位ですから・・・w


ホールからもスロッターからも圧倒的な支持を得ていたその理由は、程よい技術介入制とそれを支える

秀逸なリール制御にあったわけですが、そのアルゼ機種の屋台骨ともいえる部分はAT機の台頭により

急速に崩れ始めていきました。


ご存知のようにAT機というのは内部的には毎G何らかのフラグが発生する事で成り立っています。


更にAT中は制御だけでなく、押し順の概念が加わる機種もある為、必然的に出目制御が単調になって

しまうのです。つまり、それまで出目によって支えられてきた熱いポイントは、サブ基盤を利用した液晶

等の演出に委ねる事となり、リールは単なるコインを払い出す為の停止作業と化してしまったのです。



この急激なスロットの変化に、トップに立っていたが故に立ち遅れてしまった事がアルゼの痛恨のミスと

なってしまいました。大量獲得機のようにシェアを分かつかと思われたAT機はあっという間にパチスロの

主流となり、大量獲得機にこだわっていたアルゼのシェアが次々と奪われていってしまったのです。



そんな流れでようやく登場したのがこの台なのですが、そこには往年の制御も演出も見受けられず、又

ゲーム性の部分でも、それまでのアルゼらしさは全く感じられなかったのです。



勿論AT機ですから、ツボにはまった時の一撃性は申し分なく、出玉性能だけで考えれば他機種にも

引けをとらなかったと思います。


しかしながら、打ち手がアルゼの機種に求めていたのは「出した」という攻略感であり、「出た」という

偶然性ではなかったような気がするのです。


只出ればいいというのであれば、既にサミーを中心に数多くの爆裂機がホールで活躍していました。


「アルゼの機種ならもっとすごいことができる」誰もがそういう期待感を込めて登場を待っていたのです。


そんな状況で、独自性の感じられないこの機種が登場したことにより、「なんだ、だったら他のメ-カーの

台でも十分じゃないか・・・」


この発想こそがそれまで、アルゼというブランドだけを見ていた人達に、それ以外のメーカーに目を向け

させてしまった瞬間だったのではないでしょうか?


(これはあくまでも個人的意見ですが)頂点から転がり落ちる原因となった機種が正にこの台だったので

はないかと・・・・・

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

10 ■reサーフトリップ

目押しの要らないアルゼマシンなんて単に機械割りだけで選ぶ作業台ですからねぇ・・・

9 ■無題

僕もこの機種からアルゼがダメになってったと思います。

初打ち千円でサーフラッシュ7連したけど正直しんどかったっすw

8 ■reサーフトリップ

確かエレコかミズホの沖スロですよね?
ベルのそろうラインで解除というかモードの
チェックが出来たような・・・??

実は打ったことがないので、一度解析を
探してチェックしてみますね。

7 ■無題

是非パイジマを紹介して下さい。

6 ■reサーフトリップ

■みっすんさん
かもめ・・・確かあった様な・・・??
自分はドーナツみたいなST図柄の記憶ぐらいしかw

■よいこさん
鉢巻リールにこだわり続けたのが失敗だったような・・w後液晶機で画面サイズにこだわって操作性を犠牲にしたりと、なんかチグハグになっていましたよね。

■tduさん
インターコンチは実はほとんど兄弟機といううわさも・・・結局正式販売されなかったみたいですがw

■SARさん
この台は個人的に親方・クライマックスと並んで
アルゼ失墜3兄弟と認識していますのでw

■masaさん
出目で結果がわかっているのに、キャンセルできない鉢巻とか、ビッグを引くとラッシュが格下げになるとか、何というかアルゼ独特のお得感が全く
感じられず、損した気分にばかりさせられるんですよねぇ・・・

5 ■無題

サーフトリップって微妙に分かりにくく、しかも熱い場面でも熱くなれないもどかしさが有ったんですよね。

一度もSRは引いた事有りませんし、勝った記憶もありません。

4 ■思い出のマシン

サーフトリップ キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!!
と、言うのは、多分、自分だけでしょうw
しかし、まさかこの機種が紹介されるとは思いませんでした。

これは、自分の初めての万枚達成機種です!
他の台でかなりやられて、とっくに客は飛びきってるサーフトリップにヤケクソで久々に着席したんだけど、1KでBIGを引いてからほぼ50G以内でのBIGの連打連打。で、SRに突入した途端にBIGを引かなくなって、SRが終了したタイミングを待っていたかのようにBIG。BIG後、またすぐにSR突入と、まるで仕組まれたかのような展開が延々と続きましたw。最後はSR中に閉店で強制ストップ。ぎりぎり1万枚を突破したのを覚えてます。
それからちょこちょこ打ってて、アルゼうんぬんは抜きに結構好きな台でした。出だしたら最高潮に面白いんだけど、ほとんどの人はそれが発生する前に呆れて打つのをやめちゃうでしょうね・・・

3 ■なんつーか「痒い」台?

まさにそのとおりだと思います。

絵柄もまあまあ許せるまとまり方、
配列も実はそこそこかっこいい、
でも押し順AT・ARで出目が氏に気味。
しかもARは契機役がなくいきなり入るので
盛り上がり様が無い上に、7パンしたら残りはATに
格下げ+連が止まるとかもうね(ry
打ち手をなめてるとしか思えない台でしたね。
これの欠点を改良したインターコンチだかが
発表だけされてましたね・・遅過ぎwww

2 ■無題

ホームに設置されていたので打っていましたが
確かに面白くなかったです。
グラン、デュエル、タロマス、大花、マリンバあたりまでで私のアルゼ好きは終わった感じです。
親方やギャンブルコンボを見た時は本気でアルゼに絶望しましたw
それから打ち込んだのはミリゴだけです。(^_^;)

1 ■失敗作

この台は、全くもってアルゼの失敗作だと思います。ただ単に遅れをとっていたAT機を作りましたという感じでしかありませんでした。書かれている通り、アルゼとしての魅力など微塵にも感じとれませんでした。作った側でも売れるなど思ってなかったのでは?あっという間に客が飛んでいたのを覚えています。あまりにもおもしろくなかったので、私も数回打った程度の記憶しかありませんが、4thリールの絵柄にかもめの絵があったような・・・。コメント書きながら、大花火30の4thリールのはずれの音が かぁー とからすの鳴き声のような音だったなぁと思い出しました。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。