September 30, 2007

スペースバニー

テーマ:■4・1号機

【メーカー】オリンピア
【販売年月日】2002年5月20日
【タイプ】A400-AT
【特徴】液晶ルーレットゲームでAT突入を抽選


オリンピアの人気ブランドであるバニーシリーズが新筐体で颯爽と登場。

既に前年登場したラスベガス で初代のゲーム性を再現している為、こちらは4号機ならではの

多彩な演出を取り入れています。


最大の特徴は演出だけではなく、実際に突入抽選が液晶で行なわれるルーレットゲームでした。

内部的に外れを引いた場合、その一部が強外れとなり次のゲームで液晶にルーレットが登場します。


この時ルーレット上にランダムに配置されたマスの上を1G毎に移動してゆき、リプレイが揃った時に

停止していたマスがATの抽選結果になるというわけです。


外れはドクロ図柄しかないのですが、当然の事ながら基本的には半分以上のマスにドクロが配置さ

れています。この当りマスと外れマスの配置比率は内部的なモード状態によっても変化するように

なっており、高確率ならばほとんどが当たりマスだったりもします。


状態によってもある程度の結果が左右されるというのは仕組み的には珍しくないのですが、抽選時に

あらかじめ結果が見えているというのは非常に斬新な試みだったような気がします。


又プレミア的なジャックポットマス(AT1000~3000)や当選すれば5連以上が確定するチャンスマス

の存在等、ATの出玉性能(1G毎の純増が約3枚)を落として突入率を高くした事が上手く作用されて

いたのではないかと・・・・


立ち回る上での判別要素こそ乏しいものの(6だけは別格ですが・・)、気軽に楽しめるAT機として

非常に貴重な台だったような気がします。


但しこの頃はまだ爆裂系AT機が幅を利かせていましたので、残念ながら人気の方はそちらには全く

及びませんでした。只、打っている客層というのが他のAT機とは明らかに異なっていたんですよね。


獣王等とは違い、ジャグやパルの延長みたいな感じで常連さんが結構手をだしていたような気がします。


AT中に余分な目押しがいらない事と、分かり易いATナビ、そして適度に出現するルーレットがはまり

感を緩和していたのではないかなぁと・・・


更に通常時の液晶でのちょっと緊張の抜けたようなお馬鹿な演出で、AT特有のわかりにくさを上手い

具合にフォローしていましたしね。


とはいっても、熱くなってしまうと取り返しのつかない事になるのは同じなんですけどねw

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

5 ■reスペースバニー

山佐・アルゼ系・オリンピア系・サミー系
4号機中期まではなんだかんだで、この4つの
シェアがずば抜けていましたね。

自分はスノーキー・ルパン三世でオリの魅力に
めろめろにされましたw(正確には平和ですが・・)

4 ■無題

俺はメーカーで好きなのは

1位 オリンピア
2位 山佐
3位 サミー

だったりします。

オリンピアは台の作りがなんか自分にあってるんですよね
一番好きな機種は初代ゴルゴですな

3 ■reスペースバニー

■tduさん
狙いどころが絞れない為、ハイエナさんのマークからは完全に外れていましたね。

おじさん達は時間がきたらどんな状態でもあっさり止めるので結構驚きますね。自分もこの間全く
しらないおじさんから、単に隣に座っていたという
理由だけで仮面ライダーのバトルモードを譲って
頂きましたw

■野生の闘牌さん
オリの台って、意識していなくても後から考えると
結構打ちこんでいたという「謎の中毒性」がありますねw

自分の4号機ベスト機種を絞り込むと当時は気に
していなかったオリンピアの機種がたくさんランクインしていて驚いたりします。

2 ■無題

この台好きだったなー

特にATとボーナス中の音楽が最高だったー。

1 ■ああー確かに

この台客層があんまりギラギラしてなかった
ってのはありますねえ
オジサンにATを譲ってもらったのなんて
この台だけだもんなあ…

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。