July 30, 2007

チェリーキューブ

テーマ: ├ 新基準機

【メーカー】バルテック
【販売年月日】1999年4月
【タイプ】A
【特徴】目押しが簡単なブランク図柄を採用


初心者向けマシンとして登場した新感覚マシン。

初心者がパチスロを打つ上で困る要因には「フラグ成立の判断」「技術介入要素」等が

ありますが、これらは告知や配列でカバーする事が可能となっています。



但し、そういうゲーム性を採用してもどうしても避けられないのが、目押しでボーナスを

揃える事です。規定上とりこぼしをなくしてボーナス図柄を配置する事は出来ませんので

どうしても自力で揃える必要があるわけです。




そこでバルテックが考え付いたのが、不要な図柄を限りなくみえなくする事で、ボーナス

図柄を認識しやすくする「ブランク図柄」の採用でした。



よーく見るとうっすらと図柄が認識できるのですが、回転中は正に真っ白なリールを7が

通過するように見えたので非常に新鮮でした。



但しそれで目押しが可能になったのかどうかは実は甚だ疑問が残るところです。

確かに図柄が認識出来るのは目押しをする上で必要な要素だとは思うのですが、それよりも

「リール1周のタイミング」を掴めているかの方が重要なのではと・・・??



図柄なんてとりあえずおおまかに判別さえ出来ればいいのであって、目押しで一番重要なのは

リズムじゃないの?いうのが自分の感覚なのですが、どうなんでしょうかねぇ・・・??

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

5 ■reチェリーキューブ

この台もそうですが、花火の親方にせよ、何か
動きや図柄を変化させられると余計にみえにくくなりますよね?

自分は目押し云々ではなく親方を打った後に
他の台を打つとリール酔いしましたw

4 ■というより

まだそこまでなれていない時期でブランク絵柄の枠が大きくって目に焼きついてしまって逆に目押しに難儀していたことを思い出してしまいました

>タイミング
確かに一番重要かもしれません。絵柄なんて基準がつかめれば言い徒は思います
餓●伝説初打ちの時に一部の絵柄が把握できずにwタイミングだけで何とかやっていたこともありますし

3 ■reチェリーキューブ

■nkさん
そういえばこの頃のバルの台は裏が多かったですね。というか思い返して見ると設置されていたのは裏ばかりだったような・・・w

■tamtamseijin さん
目押しのコツをどう伝えるのか・・これって結構
むずかしいですよね?自分は未だに上手くニュアンスを理解してもらえません(汗

2 ■まさしく

タイミング>

自分もそう思います。

正直ぶんまわしてるときはリール
あんまり見てないですもんw

もちろんDDTはやりつつw

1 ■本文とは関係ありませんが…

近所にあったBモノは最高でした!チェリー前兆とは洒落がきいてます。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。