June 18, 2007

ギャンブルコンボ2

テーマ: ├告知主流機

【メーカー】アルゼ
【販売年月日】2001年7月15日
【タイプ】B
【特徴】ボーナスフラグの消滅


4号機の中でも分類上非常に特殊なスペックを持つ異色マシン。

従来4号機というのはフラグの持ち越しは禁止されており、特例的にBRフラグのみ持ち越しが認められ

ていました。


つまりボーナスフラグというのは成立後、揃えるまで持ち越してもよいというだけで、他の小役同様に

揃えられなかったら消滅しても問題がないわけですね。


そこに目をつけたアルゼは破格のBR確率(設定1でも合成で80分の1程度)を実現した代わりに揃える

事が出来るのは成立プレイだけというゲーム性を生み出しました。



といっても毎回目押しの必要はなく、成立プレイでは必ず告知が発生します。


左は適当でOK→中は左に停止したボーナス図柄を目押し→右はボーナス図柄の3択


という流れで、左中と高速消化でミスしないように、告知時はボタンフリーズが発生します。


通常時・ボーナス中とも技術介入性は0に近いのですが、ボーナス成立後は約2分の1で次回までの

RTに突入し(多少設定差あり)、告知時は3択フラグをナビしてくれるようになっています。


それだけにツボにはまった時の一撃性は破格のものがあり、設定6の機械割りは当時の爆裂AT機と

互角の性能を有しています。


但しスペック上、ゲーム性に関してはひたすら告知まちという非常に単調なものとなっており、そこの

部分で結構好き嫌いがわかれたようです。


自分も何度か打ったのですが、とにかく苦痛でしかなかったような印象しか・・・・

只打ちながら、「このゲーム性で海物語のパチスロを出していたら結構ヒットしていたのでは?」と思っ

たりしましたねぇ・・


非常に工夫の余地がある魅力的なスペックだと思っていたのですが、何故かその後後継機らしきもの

も登場せず、姿を消してしまったのは非常に惜しかったような気がします。

目押し不要のCタイプAT機が台頭してしまった為でしょうかね?

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

7 ■reギャンコ

時間がない時に軽く一勝負というには持ってこい
なのですが、叩いた瞬間で全てが決着ですからねぇ・・・

6 ■無題

演出、出目は全く無意味でひたすら告知待ちなゲーム性は大嫌いでしたが、あれば何故か打っちゃってましたw

当りが軽いのと3択が決まった時のお得感が気持ちかったっすね。

設定6を掴んだら嬉しいけどある意味拷問っすよねw

5 ■reギャンブルコンボ

■ほりまささん
市場を席巻したアルゼの機種がどこからおかしく
なったのか?その判断は人によって様々ですね。自分的にはこの頃は既に終焉に近かったような印象がw

■匠さん
完全告知というのがジャンルとして存在する以上
これにもファンがついていてもよさそうなものなんですけどねぇ・・

自分は元々、告知に頼った機種というのをあまり
打たないので更に面白さが理解できませんでした。

■枠下蒼七さん
え?
左にとりこぼしポイントとかあったのでしょうか??
後、告知確率をチェックしておけばおおまかな
設定判別も可能でしたよね?

■ふらっとさん
ボーナス全てが別フラグの5号機ならもしかしたら結構簡単に実現可能なのかもしれませんね。

4 ■今なら打てそうな感じ

「ボーナスフラグを持ち越さない」仕様が5号機でも可能ならば、案外実現しちゃうのかも。

3 ■危険

左適当は危険だとおもふ・・・
6だけGT突入率が80%。
ショボイゲーム性のくせに万枚可能。
なんだか、リプパンはずしの5号機に通ずるものを感じます。

2 ■変則スペックは好きです

パチのフィーバークィーンⅡもそうですが、
熱いポイントが目に見えるので好きでした。

ただRT突入継続率で6があからさまに分かるのと、
低設定だと連荘しにくいところがイマイチだったかと。

でもそれ以前にゲーム性が一般受けしないですよね(汗

1 ■私は多分少数派?

自分は結構良く打ってました。
確かに当たったフラグが消えないのはどうかとも思ったんですが、当時主流の爆裂AT機になじめず、2~3千円あれば取り合えず1回は見所が来るのにひかれたのかもしれません。
さりげなく天井告知もあった気がしますし・・・
ただ、この辺りからアルゼが・・・・・になっていった気もしますが(笑)。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。