June 10, 2007

キングオブカリブ

テーマ:■4号機

【メーカー】ユニバーサル販売
【販売年月日】1994年12月
【タイプ】BC
【特徴】集中搭載機


2号機から認められるようになったシングルボーナスの集中と、B・Cタイプ。


集中機能はその出玉性能が問題化され3号機で早くも規制がかかり(パンク確率のアップ)4号機では

更に条件が厳しくなり、その本来の魅力を失ってしまいました。


又、あらゆる面でAタイプよりも魅力が落ちるBタイプというものは、ジャンルこそ存在していたものの

実際に登場したのは4号機からとなっています。これはメーカー毎の認可台数の制限が緩和された事で

市場のニーズを探る為の実験的な意味合いも強かったような気がします。


ニューパルサーの大ヒットにより、4号機は大量リーチ目を採用したゲーム性を重視したものが主流とな

りつつあったのですが、それでもこの頃はまだ大量出玉にこだわっているメーカー(裏物時代のユーザー

のニーズもありましたが・・)の方が多く、様々な模索が繰り返されています。


しかしながら、それらはいずれもニューパルサーという巨大な壁によってことごとく姿を消してしまいました。


この台も登場時こそ話題になったものの、実際の導入状況や稼動は決して芳しいとは言えず、比較的入れ

替えの少なかった時代にも関らず設置店を見つけるのに結構苦労した印象が残っています。


確かに集中の突入確率自体は従来機よりもアップしてはいるものの、それが実際に体感できるレベルでは

なかった事と、折角突入しても「いつまで続くのだろう」というワクワク感よりも「いつパンクするのだろう」という

ドキドキ感の方が強かった為でしょうかね。


4号機はここから技術介入機という時代へ突入するわけですが、この頃になるとB/Cタイプ搭載の機種と

いうのは見事に姿を消した事からも、やはりスペック的に無理があったのかも知れません。


といってもそれはあくまでも完全確率での場合でして、ATやSTの付加で出玉性能を補う事で数多くのヒット

機種が生み出されていますが・・・・



ちなみにこの台、兄弟機でハリケーンも登場しています。


【メーカー】ユニバーサル販売
【販売年月日】1995年3月
【タイプ】BCタイプ
【特徴】中身はキンカリと同一


キングオブカリブが思ったほど売れなかったので全体的なデザインをコンチネンタルに変更

したのでしょうか?でもどうせ真似るのなら集中搭載機なんだからⅢの方にすればよかったのに・・・


残念ながらこちらは更に姿を見ませんでした・・というか実機を見た事がありませんでした。

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

9 ■reキングオブカリブ

集中で一撃に期待するか、突入率で評価するかで機種のイメージって全然変わりますよね。

自分は前者のほうでしたが・・・・というか、何か
全然集中に入る気がしませんでした(涙

8 ■パーティーチャンス

シングルが2連続、外れ挟んでまたシングルなんて状況になったら、もう頭の中は『集中ゲット』でした。期待ハズレな自力もありましたけど・・・。

コンチⅢと入れ替えになったときは、「なぜ?」としか思いませんでしたが、中々楽しめた台でした。
ボーナスは良く引けるし集中にも良く入るのでコンチと同じ位好きです。

7 ■reキンカリ

継続サインといえばその後登場したシルバーブレッド・・・

ドレミファ~♪の突入サインの次のプレイで
ドシラソ~♪のパンクサインが・・・(涙

6 ■継続サイン

コンチⅢのような継続サインが無かったので、数回連続しただけで『集中!!』なんて思えて、結構楽しめた台でした。
パンク時も『パンク??』なんて思いながら打ってましたね。
私は結構相性が良くて、パーティーラッシュで即パンの経験は無いですね。
コンチではリーチ目3回出てパンクなんて事は有りましたけど(泣)

5 ■reキングオブカリブ

■continental777 さん
この頃ってキンカリに限らずニューパル以外の
機種を見つけるのって結構大変でしたねw

■匠さん
考えて見るとこの頃って島単位での設置が普通でしたから、導入を避けたお店も結構あったのではないかと・・??

今のようにバラエティとか数台多機種で島が構成
されているのならば、もう少し導入が伸びたのかも?

■TKさん
通常時のはまりに耐える事が出来るのなら、当時の機種としてはそれなりに見返りもあったので
すが・・・自分は耐えられませんでした(汗

■枠下蒼七さん
ようやく突入して即パン。
なんか当時の集中機ってそういう記憶しか残っていません(涙

専門誌なんかでもしょぼいしょぼいと評価していた為そういうイメージで打っていたからでしょうかねぇ・・??

4 ■ダメでしたね

やはり集中役メインでありながらメインになりきれなかったところが・・・
設定1でも1/1260ですから1日打てば数回は入ったわけで。
でも、たいした払い出しもないうちにパンク。
集中機はどうしてもボーナス確率が低いためにノーマル機以上に1日の大半が消化ゲームです。
このハマリを上手く演出出来なかったのが敗因ではないかと。
コンチ3、ソレックスみたいに出目で継続サインがあるだけでも違った結果になっていたでしょうね。

3 ■割と好んで打ってました。

A-Cだろうが、B-Cだろうが集中機を好んで打っていました。この機種もその一台。明確な集中突入のサインがないので、シングルが揃った後の数ゲーム間はハサミ打って、期待感をあおっていました。シングルが揃う時は大スベリを伴い、ハサミ打ちが最もスベリを体感できるんです。
ハリケーンも打ちましたよ。同じですけど。

2 ■両機種とも

両方が併設されていたホールで打ちました。
でもそのホール以外で設置を見た記憶はないです(汗

3号機以前と比較すると、
破壊力が薄い集中機というのが敬遠された一番の理由かと。
肝心の集中には入らない、入ってもすぐパンク、Cタイプ以外はボーナス確率も低め。
という負の部分が目立っていた感じはします。

私は集中搭載機好きなので、「セブンスポット」「シルバーブレット」あたりも
好んで打ってましたがwww

1 ■ハリケーン

ハリケーンは私も一箇所でしか見た記憶がありませんw
キンカリはちょくちょく見掛けはしましたが、やはりお客さんはいなかったですねw

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。