May 21, 2007

ポッパーキング

テーマ: ├大量獲得機

【メーカー】IGT
【販売年月日】1998年10月
【タイプ】A600
【特徴】外しが出来ない初心者向き仕様


規制緩和で颯爽と登場した大量獲得機。

但し当初はそのあまりにも低すぎる大当り確率が懸念され、ホールも1回の出玉の多さに

設定に苦心する等、どちらかというと新基準の中では際物的扱いだったような印象があります。



この台の場合、表向きは600枚獲得可能の大量獲得機という触れ込みにはなっていましたが

ビッグ中の外しが行なえない為、平均すると450枚程度と従来機にちょっと毛の生えた程度の

出玉となっていました。


但し、その獲得枚数には非常に幅があり300枚~600枚という従来機では考えられない偏りが

ありました。又、獲得枚数だけでなく設定間の機械割が従来よりも広がりを見せ始め、設定6のみ

従来機並の確率で設定5ですら、それまでの設定1程度になってしまったんですよね。


出玉が増えたので仕方がないと言えば仕方がないのですが、その分低設定域のはまりの深さは

かつて体験した事のない未知の領域へ踏み込み始めたのです。


その為、設定と客層のバランスの調整に非常に苦労されたのではないでしょうか?

当時の台にしてはお店毎の人気度にかなりばらつきがあったような気がしたので・・・・



只自分の場合、この台の事を振り返るとどうしても真っ先に思い出すのはゲーム性ではなく・・・

小冊子のゲーム解説でした。


当時目押しをせずに適当に打つ事は「おやじ打ち」と呼ばれ、専門誌等でも普通に使用されていたので

ほぼスロ用語としては定着していました。


しかし、メーカーからの配布物で実際に表記されたのはこの台が初めてだったのではないでしょうか?

筐体に貼られていたリーチ目シールにもしっかりと「おやじ~」と書かれていたのがやけに印象に残って

います・・・というかかなりインパクトがありましたw


不思議な事にこの「おやじ打ち」、その後G誌が「フリー打ち」と呼び名を替えてしまいました。

確か「親父に失礼だから・・」とかいうのが変更の理由だったのかな?


しかし未だに定着している気配はないと思うのですが・・・・というかですね


適当打ち→おやじ打ち→フリー打ちという流れなわけですから素直に「てきと~打ち」でいいのでは

ないかと思うのですよ。


最近はほとんど買わなくなったので今はどうなっているのか知りませんが、やはりまだフリー打ちと

表記しているのでしょうか??




*画像はasutarasuさん からお借りしています

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

8 ■reポッパーキング

とにかくビッグで枚数が全く安定しないので
打っていてストレスが貯まるんですよね。

7 ■無題

ビン神を打ってからだったからハズシが出来ないのが残念でした・・・

確率は6以外も全体的に結構良心的だったと思います。

6 ■reポッパーキング

■TAKEさん
筐体に貼ってあったリーチ目シ-ルはもっと
強烈ですよ。「ANY」でも「はずれ」でもなく

「おやじ~」←語尾が伸ばされてます♪

ですからねw

■TKさん
いえいえ高設定域の機械割はそんなに悪くなかったと思います。それでも一応大量獲得機の為
ボーナス確率だけを見ると従来機の設定1以下の300分の1前後となっていましたから、なんか
当る気がしなかったんですよねぇ・・・



5 ■割と好きな台

チャンス演出(スタート音、台枠フラッシュ)が分かりやすく、結構好んで打っていた記憶がある。機械割がそんなに低かったなんて知らなかった。でも、それを知っていても間違いなく打っていたことでしょう。

4 ■なんか


おやじ打ち、おやじ打ち、
って書いてあると笑えますねww

しかもおやじが平がななのがなんともおもしろいです^^

3 ■reポッパーキング

■なかむーさん
IGTはこの頃の見た目は豪華で打ってみると
しょぼしょぼの操作感もいい味出してましたね♪

海外メーカーらしくタイアップも洋物が多かったりと確かに独自の路線を突き進んでいたような気がします。

■continental777さん
言い得て妙という上手さがありましたよね「おやじ
打ち」にはw

誰が言い出したのかわからないけど、自然発生的に生まれて定着したイメージがあるので、不思議と納得できる用語でした。

2 ■おやじ打ち

お、こんなところにも「おやじ打ち」なんて書いてあったんですねwww
にしても、最近よく通うようになった店、まさに農家のおやじばかりで、ボーナスの確定した番長でも、まさに「おやじ打ち」して、いろいろリーチ目を見せてくれますw
やはり「フリー打ち」とか「適当打ち」とは違う「無骨さ」というか、「力強さ」?みたいなものが「おやじ打ち」という用語には含まれているような気がしますw...うまく言葉で説明できませんがw

1 ■IGT

大量タイプを他メーカーに先駆けて出したり、

あの頃のIGTは…意欲的なマシンを次々リリースしてましたよね。

7のデザインも格好良かったし、好きなメーカーでした。

…今のIGTは、どうでもいいですけど。(笑)

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。