May 16, 2007

どんちゃん2

テーマ: ├技術介入機

【メーカー】アルゼ
【販売年月日】2000年11月
【タイプ】A-400
【特徴】花火の正当後継機


技術介入機からCT機、大量獲得機と次第に出玉がエスカレートする4号機の流れの中で

その過熱化するギャンブル性に危機感を感じていたのは、当時圧倒的な支持を受けていた

アルゼでした。


大花火の歴史的大ヒットで更なる注目を集めていた最新機種は、あっと驚くA400タイプの

この台だったのです。


あえて大量出玉を封印し、原点回帰をテーマにして登場したこの台は、アルゼ独特のリール

制御と液晶演出が抜群の融合を果たしており、ゲーム性に関しては完璧とも言える完成度を

誇っていました。


花火をベースとした出目演出に加え、打ち手の技量に合わせて選択できる液晶演出。

判別要素や技術介入度も程よく折り込まれており、その出来は文句のつけようのないものとなっていました。



しかし、「大量出玉」という新たな流れは生みの親であるアルゼの力を持ってしても、もはや

どうする事も出来ない位に大きな渦となってしまっていました。


その流れはやがてAT機、ストック機を次々に巻き込む事となり、「パチスロ=一撃性」という

風潮が出来上がってしまったわけです。


今から考えると、この時に歯止めをかける事が出来ていれば現在の5号機のような状況には

ならなかったと思うのですが、当時は打ち手もホールも感覚が完全に麻痺していたのでしょうね。



ゲーム性<<<<<<<<出玉性能


だけで機種が評価されるようになり、粗製濫造の一撃マシンが幅をきかせる様になってしまったのです。


どんちゃんは正式リリースされたのは「2」だけなのですが、検定は「どんちゃん」「どんちゃん3」も通過

しています。それだけアルゼがこの台に本気で取り組んでいたのだと思いますが、その後実際に登場

したのは大量出玉タイプの「でかドンちゃん」となってしまいました。


ゲーム性に自信があっても市場が望むのはやはりギャンブル性であり、その勢いにメーカーも軌道修正

を余儀なくされたんでしょうねぇ・・・

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

16 ■reどんちゃん2

結局通常時は花火同様暖簾狙いになるので
テーブル増えても全く気がつかなかったり・・・

只、何気に2確とか小役外れ目のパターンは
多様化していましたね。

15 ■無題

何よりボーナス成立Gの左のテーブルを1本増やしてくれたのに大感激でした。お陰で従来のアルゼマシンより出目の幅が各段に増えましたし(^∇^)

青ドン&赤ドンはいまいちですが緑ドンの曖昧な演出もいかにもアルゼって感じで好きでした。

大量獲得飽和状態の市場に原点回帰をモットーにリリースしたってのも好感が持てましたが、すぐにAT機が出ちゃったからアルゼも怒っちゃいますよねw

14 ■reどんちゃん2

アルゼに限らず多分最後のA400のヒット作では
ないかと。

以後、この市場はGOGOランプに凌駕されちゃいましたしね。

13 ■無題

アルゼ最後の名機で、僕が最後にはまった台です。
以降は大量出玉によるお金の動きが激しすぎてついて行けませんでした。

ゲームセンターでこいつが稼働しているのを見ると、座って当時を思い出しながら打ったりします。

12 ■reどんちゃん

履歴カットはたまにありましたね。
ひどい所になるとスランプグラフとかも見れませんでしたし・・

まぁ、こういう店はほぼ全台設定1なんでしょうね。そういう店に限ってデータ機も旧式だったり
しましたしw

11 ■無題

あるボッタ店でボ-ナス履歴を見れなくしてあるのがありました。5~6台程しかないのに何故そこまでするのか(裏でもない)勿論打ちませんでしたけど。

10 ■reどんちゃん2

■Mさん
一つ一つの効果は小さくても全部実践すると
トータルでかなり割に影響が出る。
当時の機種はそんなのばっかりでしたね♪

■TKさん
あの履歴は結構助かりましたよね。
山佐も採用していましたが、祭の達人ではチェリー高確かどうかを確認するのに便利でした。

止める数ゲーム前にわざと変則押しでリーチ目
なんかを履歴に残したりして・・・あれは押し順までは対応していませんでしたからw

9 ■ゲーム履歴

そういえばこの機種の液晶にはゲーム履歴なんて
機能があって直前20ゲームの出目が確認できましたね。
設定変更判別にもハシゴ打ちDDTにも使えて打ちやすかったです。

8 ■無題

甘い店ではかなりオイシイ台でしたが、晩年ではあまり判別は出来ませんでした。カラ回しもBIG消化に時間が掛かったので(でも結構やりました)準備目にも目押しが必要なのであまりやっている人はいなかった様な。当時はハズシ以外でも技術介入を取り入れてましたね。

7 ■reどんちゃん

確か、高確率状態でのチェリーは2分の1位
ありませんでしたっけ?
とりあえず変更判別は非常に簡単だったような・・

6 ■無題

この台は確かビッグ後の小役ノーリセット機でしたよね。
クレジット払い出しして手持ち~~が出来ませんでした。
あと外しだけでなく15枚複合役のカラ回し準備目も作成可能でしたよね。
JAC後だけですが。
当時はすでに大花のおかげでビタが出来ましたから不要でしたが。

5 ■無題

それも今は無き子役の高、低確率で設定変更判別が出来たことでチャラですよね。

4 ■チェリー

確率的にありえないくらいチェリーが連続することがありましたね。
熱い熱い無音ビリーの信頼度がガタ落ちに。

大好きだったので結構打ち込んだのですがでかどんちゃんはダメでした。
あの演出はA400にちょうど良かったのでしょうね。

3 ■reどんちゃん

■弟がプロさん
確か外しは空回しが可能だったような・・・
花火と違い、リール上部の隙間が大きいので
油断するとたまに失敗しますなw

■Mさん
ニューパルから5号機で復活なら逆に違和感が
ないかも・・・??ちなみに自分の知り合いで4号機はジャグとパルだけしか打ってない人がいますよw

ミリゴだけ打っていた人にとっては違和感どころか別世界でしょうね。

2 ■無題

10年振りにパチスロを復活させた台です。コンチから遠ざかっていたパチスロですが、ふらっと入ったパチンコ屋にテレビ?の付いた台がありました。訳もわからず打っていると初BIG(目押しは出来ました)当然適当打ち子役もあまり揃わずBIG終了、なんだこりゃ(パチスロ浦島太郎様態)帰りにアルゼ王国という雑誌を買いました。ニュ―パルあたりからパチスロをやめて今の5号機を打つとこんな感じでしょうか。

1 ■無題

個人的には思い入れが結構あります。というのも個人の流れとして、花火ではBB絵柄さえあまり止められず、キンパルでボーナス絵柄を止められるようになり、このドン2で二コマ目押し(外し)をできるようになり…複合は無理でしたが、私にとって目押しの特訓をしてくれる師匠のような台でした。レベルの低い話ですみません(汗)

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。