April 21, 2007

マッドドクター

テーマ: ├技術介入機

【メーカー】大都技研

【販売年月日】1999年3月
【(C)】SUSUMU MATSUSHITA COMPANY
【タイプ】A
【特徴】多彩なリールフラッシュ


吉宗→番長→秘宝伝で一躍業界トップに躍り出た大都技研。

ここ数年でパチスロを覚えた人にとっては超トップメーカーとしてのイメ-ジがあるかも知れませんが

メーカー自体の歴史は1号機(エーアイ)から続く古参メーカーでもあります。


しかし、その認知度は常にマイナーメーカーの域を出ないものであり、大都に吸収された後もシェアは

決して芳しいものではありませんでした。


技術介入機後に登場したこの台は、従来のイメージを覆すべく筐体を一新すると共に、当時著名な

イラストレーターであった松下進氏とタイアップした、かなり力の入ったものとなっています。



デザイン的にはかなり洗練された筐体とはなっているものの、セレクタの不具合(頻繁に発生するコイン

詰まり)や図柄の配色ミス(オリジナルデザインをそのまま採用している為非常に見え難い)等、ハード面

での完成度は決して高いものではありませんでした。


その半面、リール制御や演出部分は非常に練りこまれたものとなっており、万人受けする機種とは言え

ないものの、マニアックな人気を誇るようになっていました。



特にこの筐体を採用した機種は、当時の大都の開発スタッフの意気込みを感じされる名機(ヒットこそしま

せんでしたが)が数多く登場しており、これだけの機種を登場させているのだから、いつかはトップメーカー

として活躍して欲しいものだという、密かな願望を抱いていた人も結構いたのではないでしょうか?


当時はアルゼが全盛を誇っており、その後にサミーが一気にシェアを奪いましたので、当時そういう話をすれ

ば「大都?・・・絶対無理無理」と一笑されたものですが・・・・・w

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

6 ■reマッドドクター

見た目とは違って操作性はかなり問題ありましたからね。押しにくいボタンにエラー頻発のセレクタ。
この頃は、ホールもアルゼ機種さえ外さなければ他はなんでもいいような状況でしたから、マイナーメーカーのマシンにはほとんど注目していなかったのではないかと・・・

5 ■無題

筺体デザインや絵柄デザインでは当時のスロの中でビジュアル的にナンバーワンだったと思います。

リール配列や出目演出なんかも良かったし、ハズシも効くしでトータル的な完成度もかなり高かったと思うのですが、何故マイナーメーカーだったんでしょう・・・

やっぱ当時はアルゼ一党独裁って感じだったためか一部のメーカー以外の機種はゲーム性が良くても日の目を見ることなく埋もれてしまう機種が多数だったんすよね、きっと。

今の時代はどのメーカーにもチャンスはあるし、そう言った面ではいい時代なのかもしれませんね・・・

4 ■reマッドドクター

大都のこの頃の筐体はセレクタエラーが頻繁に
出現しましたが、こういう現象は初めて聞きました。
というか、自分も一度でいいからそういう現場に
遭遇してみたいなぁと・・・TKさんも恐らくお店が
不具合を認めた上で投資分を返済してくれたら、
それで納得したのだと思いますが、こういう所で
ホールの姿勢というか方針が判明したりするも
のなのですね♪

3 ■マッドドクターではないが・・・

キャメロットという大都のマシンで不可思議な経験をしたことがあった。当時の大都マシンはあまり設置がなく、新宿某店にあるとの噂を聞きつけて打ちに行った。
打ち始めて数千円で異変に気付いた。コイン持ちが極悪なのだ。引き弱だとか、B物は小役確率カットだとか、そういったレベルではなく、小役が全然揃わない。つまり、1000円あたり16Gか17Gしか回せない。一応10000円程打ち込んで、台の故障を確信してから、店員を呼んだ。その店員いわく「お客さん、波が悪いときはそういうこともありますよ。」この一言にオレはブチ切れた。「波とかそういう問題じゃねぇー。いいからお前が打ってみろ。オレが見ているところで、リプレイ1回でも揃えたら土下座して謝ってやる。」
店員は数プレイ回してからようやく故障を認め、店長らしき人物を呼んできました。店長は、投資した10000円に迷惑料との名目で20000円を加算して、30000円を渡してくれました。
さすが店長!太っ腹!

2 ■reマッドドクター

図柄の本来目立つ「赤」が非常に薄いんですよね、これ。確かに凝った図柄ではあったのですが
それが全く裏目に出ていたような・・・

1 ■リール絵柄

この辺の台はリール絵柄がやたら見づらかった記憶があります...。
職場の近所にたしかキャメロットがあって、バケを揃えるのに一苦労だった記憶が...。
にしても、やはり「エーアイ」のまんま頑張って(何を?)ほしかったなぁ、という気持ちでいっぱいですw

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。