March 04, 2007

ウルトラセブンファイナル2

テーマ: ├    CT機

【メーカー】サミー
【販売年月日】2000年10月
【(C)】1967 円谷プロ BANPRESTO
【タイプ】B-CT
【特徴】CTゲーム数は転落抽選方式


ウルトラマン倶楽部で大ヒットを飛ばし、幸先の良いスタートを切ったCT機なのですが、その後は

単発的にヒット機種は登場したものの、シェアは急速に失われていきました。


サブ基盤を利用したAT機の台頭もあるのですが、最大の理由は「CT特許」を盾にアルゼが他社に

対して、次々と訴訟を起こしてしまった事でしょう。


元々、4号機の新スペックとして各メーカーが協議してゲーム性を確認していたはずなのですが、

アイディアを提供したアルゼが突如として「特許所有権はうちにある」と言い出したのですから他社

はたまったものではありませんね。


この機種にしても特許問題もあったのか、従来のスペックである「特定ゲーム数の消化」があらか

じめ決められた数字ではなく、転落抽選によって終了するようになっていました。


パンク抽選は2段階になっていて、最初は120分の1・次が30分の1で両方の転落抽選に当選す

るとCTは終了してしまいます。


運が良ければ延々と継続される事もありますが、下手をすると規定枚数に到達する前にあっさり

パンクする危険性も持ち合わせています。この不安定な要素が、元々複雑すぎると初心者層には

不評だったCT機離れを更に加速させてしまったような気がします。


登場時点ではお手軽AT機や、簡単大量獲得機が幅を利かせていましたので、複雑なゲーム性は

打ち手だけではなく、既にホールからも敬遠されたようで、都心の競合地域はともかくとして田舎の

方にはほとんど導入される事がありませんでした。


その後、人気凋落の原因とも言えるアルゼからはいくつか登場こそしているものの、4号機の革命

とさえ言われたCT機は、当初の思惑とは全く異なった理由から静かに姿を消して行ってしまいました。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。