March 01, 2007

ジャグラーV

テーマ: ├告知主流機

【メーカー】北電子
【販売年月日】1999年10月
【タイプ】A-360
【特徴】先告知を追加した完全告知マシン


完全告知マシンとして人気を博したジャグラーの後継機。

それまでタブーとされていた告知ランプを広く認知させる事に成功したジャグラーは、設置こそ

伸び悩んでいたものの抜群の稼動で、技術介入機全盛時代に独自の地位を確保する事となります。



そんなマニアックな人気に拍車をかけたのがパチスロ必勝ガイドで紹介された波荒マシン。通称

「ジャグ連」の存在でした。純正Aタイプにありがちな「合成確率の甘さ故の自力連荘」がいかにも

仕組まれたものであるような記事は、告知マシンを避けていた人達をも魅了してしまったのです。



需要が高まった頃には既に販売が終了していたジャグラーは、その根強い人気から後継機として

ジャグラーVを登場させたのですが、この機種が今も尚続くジャグラー人気を不動のものとしたの

ではないかと、自分では思っています。


初代ジャグラーの波がどうしても再現できない為、この台は新規にプログラムを組んだのではなく、

ジャグラーのROMを回収して、それを再度流用したと紹介されていたのです。

(本来は、ジャグラーのライクニューバージョンなわけですが・・・)



この微妙に怪しげな登場が、北連ともジャグ連とも呼ばれる怪しげな連荘性に拍車をかける事と

なりました。ジャグシリーズの場合一気にシェアを伸ばすというのではなく、後継機が登場しても

設置されている機種が外されない為に、トータル的にシェアを増加して行きました。


一時は裏物化もされたのですが、それでも人気は衰えず結局はノーマルでシリーズ全てが安定

した人気を誇るようになりました。



現在ではフル攻略で117%(設定6)程度の甘い機種として認知されていますが、当時の専門誌

では多少の誤差があるとはいえ、、機械割りは設定6でも107%前後と発表されていました。


この発表値と実践上の機械割りの誤差が、ジャグの怪しさの一因となっていたのかも知れませんね。


只、個人的にはジャグという機種はスロットの主流ではなく、あくまでもパチンコの羽根物のような存在

であって欲しいと思います。どこにでもあって、常連さんの根強い人気を誇る他の島とはちょっと雰囲気

の違う、ほのぼのとした空気。


そんな状況に置かれているジャグラーというのが一番ふさわしいような気がするのです。

現在のようにホールがジャグで利益確保というような状況では、本来の魅力が失われているような気が・・


いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

7 ■reジャグラー

うちの近所のお店は設置のほとんどが5号機
なんですが、その中でも人気はずば抜けていますね<アイジャグ

それ以前に設置されていたハイジャグや、GOジャグは全く稼動がなかったのに・・・

やはり5号機のテーマは分かり易さなのかも??

6 ■ジャグ

近隣のパーラーでは5号機は閑古鳥が鳴いていますが、愛撫...いやいやI'm...だけは満席です。
もっとも爺さん婆さんには4号機も5号機もなく、タダのパネル違いくらいの認識しかないでしょうが...。
まあそろそろチェリが熱いくらいの認識は出てきているのでしょうけどw
やはりたまに打ちたくなってしまう台ですね、このシリーズは♪

5 ■reジャグラー

初心者入門用機種として立場を確立したのも
大きかったですね。一昔前は岡崎やベルコの
台もそういう傾向にあったのですが、AT機が
登場してからは北の独占状態でしたからね。

やはり当りの瞬間がわかるというのがゲーム
性として認識されたのもポイントですかね?

4 ■ジャグラーって

いろんな機種を打ちましたが、現在ではジャグラーシリーズしか打ってません。
今はTMとかアイムとか・・・。
単純なゲーム性がいいです、3号機以降、数々の液晶を使ったり、前兆、チャンス目等難しくなった機種が、殆ど1年も持たずにホールから
消えて行ったのにかかわらず、検定切れギリギリまで稼動してたのは、やはりその単純性にあったのでしょう。
他機種と違い、毎回のレバーONにGOGOランプの期待が持てますから。
同じようにパチンコの海シリーズもその単純性で大ヒットを飛ばしているんでしょうね。
ノーマルでも少し期待でき・・・泡発生でドキドキ・・・魚群で・・・超ドキドキ。
単純ですが毎回当たりの期待ができるそんな台が最終的に支持されるんでしょうね。

3 ■reジャグ

■ジョーさん
そういえば初代は3ベット時のランプがGOGO
をうっすらと光らせていましたね。

自分の場合はあまり打ちこまなかったんで、パネルの色の違いばかり気になっていて、そういう細かい部分の変化には気付いていませんでした。

■ふらっとさん
Vは確かジャグが完売した後にも注文が途絶えない為、ホールの要望に応えるために、急遽追加で販売したのではないかと・・??

元々予定になかった為、部材も足らず初代を回収してリサイクルに回したらしいです。

この頃は北電子の主力はスロットではなくホール
用の設備機器の販売だったようで、スロットがあまり売れると本来の仕事が出来ないと営業か
らクレームが来たとか・・

確か、当時のマガジンの欄外コラムなんかで紹介されていました。

2 ■思い出は美しく

Vが取り上げられて感激。
なにせ北電子のHPではコイツの記述がないという残念具合。

個人的には、
ビッグ終了後1G目に先告知

鼻息荒く7狙い

7・7・BAR

という思い出とともに美化されております。

1 ■無題

「点灯に気付きにくいGOGOランプ」というのが
印象的です…。
先告知は「ストップボタン有効時」で、
ランプ自体もパネルから電球が透けてみえない状態に改良? されており、
とにかく点灯時のインパクトが薄かった、というのが
僕の思い出です。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。