January 18, 2007

シオサイ30

テーマ:■沖スロ

【メーカー】パイオニア
【販売年月日】1997年11月
【タイプ】A
【特徴】完全先告知


ある意味沖スロの運命を変えた革命的マシン。


元々沖スロというのは、30πコインを使用する沖縄向けマシンの事だったわけですが、設置される

地域が限定されている事もあり、ゲーム性は本土マシンを流用しているものがほとんどでした。


1号機時代から完全告知マシンが人気の主流を占めていた為、ゲーム性は単純明快で技術介入とは

無縁の立場にあり、あえて30πを導入するお店はどちらかと言えば初心者向けマシンとしての意味合い

が強かったのではないでしょうか?


この特殊なゲーム性と偏った人気で30πマシンというのは全国的に広まる事はありませんでした。



余分な設備投資が必要な為、あえて導入するお店もなくどちらかと言えばマイナージャンルであった

沖スロが今のように人気が定着したのはこの台のおかげ、と言っても過言ではないのでは?


元々、南国をモチーフにした台は多かったのですが、シオサイの場合名前の通り、沖縄という地域をそ

のまま機種のイメージに採用しています。


といっても、この時点では告知ランプにハイビスカスの図柄を使用している程度なのですが・・・


しかしながら以後もシオサイシリーズやハナハナシリーズを開発し続けた事で「沖スロ=沖縄」という

イメージを定着させた功績はかなりのものではないかと?勿論この程度で人気に火がついたわけで

はありません。


当初は裏物として設置される事が多く、様々なバージョンも登場しています。同じ連荘でもコインが

でかい分、(見た目の)出玉感での魅力が、やがて先告知マシンの面白さを認識させるようになって

いったような気がします。


次第に完全告知マシンとしての人気が高まり、ノーマルマシンでも安定した稼動を見せるようになって

いったのです。


ハイビスカス人気はとどまる事を知らず、全国的に沖スロマシンが設置されるようになるきっかけにも

なったのではないでしょうか?次第にパイオニアだけでなくオリンピアやマイナーメーカー等も沖縄を

イメージした台を続々と登場させるようになっていきました。


今では沖縄以外のイメージの沖スロを探す方が難しい位ですからねw


又シェアが増えた事により、それまでおまけ程度で開発されていた沖スロもオリジナルマシンが登場す

るようになり、多様化する4号機で独自の地位を確保するようになっていったのです。


特にストック機が登場するようになると、それまで裏物でしか味わえなかった連荘の魅力も加わり、

沖スロの本土マシンバージョンが登場する事すら珍しくなくなりました。



後告知のジャグラーに先告知のシオサイ



この2大告知マシンの人気は恐らく5号機で登場しても揺るぎないものがあるでしょうね。





■ゲームで遊ぶ

スロッターマニア 激熱沖スロ!シオサイスペシャル

Amazon.co.jp


【PSP】ドラスロット 沖スロ王!パイオニア12
い~でじ!! Yahoo!店
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

10 ■reシオサイ

名古屋周辺の地理が全くわからないので
自分が場所を勘違いしているのだと思います。
何となく「○曽根」という地名にうっすらと記憶が
あるので、恐らく自分はこっちで打ったのではないかと・・・??

9 ■re シオサイ

hi-upさん すみません?川沿い?今池に川って
ありましたっけ?千種に電車道沿いの○ン○ルドってお店はありましたが・・・あの頃は○曽根とかにも香ばしいお店が一杯ありました。どうでもいいんですけど・・・少し不安になってます

8 ■reシオサイ

あぁ・・そうか今池といってもお店はいっぱいありますよね。うっかりしてました。

自分が行っていたのは確か川沿いの近くの大型
店で、その横にちょっと古い感じのお店がありました。当然どちらも裏が蔓延していたわけですが
古ぼけた方のお店のシオサイが正に鉄火場というに相応しい様相をしめしていました。

でもって大型店の方は後日摘発を受けたようで
結構ニュースでも話題になったみたいです。

7 ■どうだったか??

hi-up-turboさん
どうだったでしょうか?当時今池には台数設置数を店名にしたお店が2件、栄にもお店があった店が1件、ジャック&○ティというお店と○ングというスロ専門店が1件でした。その後でもう1件強烈な
お店が出来ましたが・・・名前が思い出せません。
各お店に裏はあったと思います。私は○ングによく行ってました。(今もあるのかな?)思い出せないお店の「パタッキー」が一番強烈に覚えてます。

6 ■reシオサイ

今池というのは、某摘発を喰らったしゃちほこの
お店という意味で正解ですよね?

あそこは自分も何度か行きました
(というか、名古屋でオフすると毎回あそこに集合・・)

沖スロの島の鉄火場的雰囲気とは裏腹にノーマル4号機の閑散とした光景w

なんというか3号機時代のパチ屋を見たようで
ちょっと懐かしく感じました。
自分はこそこそと4号機の島の方をいつも打っていましたがw

5 ■打ちましたよ今池で

打ちましたね、32Gverとリプピカverを
「リズムボーイズ」がおとなしくなる前に入って
鉄火場ような賑わいを見せてましたが当時は30
パイに馴染めずに打ちませんでしたが、ふと打ち始めて5千円くらいで掛かって、終了後訳わからず打っていて、隣で打っているお兄ーさんが(連荘中)28Gくらいからレバーを叩くたびにシオサイランプを凝視していて「ははーん」とわかっちゃいました。最初は32Gverだったと、時折1G煉もあったり28Gもあったりしてました。(1Gは連荘中に何回かあるだけ)ところがある日突然客が飛んだのです。ラッキーと思い打ってみると連荘しないのです。でしばらくしてその店へ行くと復活してました。「リプピカver」でBIG後50G以内にリプレイ次ゲームで光ると5~8連決定でした。たまに8連が
終わって100G以内に引き戻すこともあってまた鉄火場になってました。楽しかったなぁ~

4 ■reシオサイ

■枠下蒼七さん
確かに名古屋の沖スロは本当に鉄火場でしたw
他にも札幌や新潟なんかも当たり前のように
裏物がありました。でも一番びっくりしたのは
博多かも?設置も稼動も凄いのに全てノーマルでした。自分のイメージで九州は裏という先入観があっただけに・・・

■continental777 さん
自分も今の今までてっきり同じだと思っていました(汗

3 ■25パイ

ボーナス絵柄がテンパイするたびにビスカスが点滅しますw

2 ■25パイ...

のシオサイも当然沖スロだと思い込んでいますた...大量リーチ目マシーンだと知ったのはここ半年ほどの出来事ですw

1 ■沖スロといえば

東海地区!(笑)
初めて東海地区で設置されたのがシオサイとセブンバーでした。
当時の取引先のホールに一番で導入されました。
初めて打った感想は「なに、このコイン?」でした。
コインというより、工業部品って感じでした。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。