December 17, 2006

メロンパニック

テーマ:■4号機

【メーカー】サミー

【販売年月日】1998年6月
【タイプ】A-C
【特徴】初の3枚掛け専用機


低迷期のサミーを代表するかのように、わけのわからん異色マシン。


ジャックゲームの払い出し図柄をリプレイではなくメロン(通常時の15枚役)とした事で、一旦

ボーナスや集中に突入するとメロンが揃いまくるという、油断していると今自分が何のボーナスを

消化しているのかわからなくなる・・・・というのが機種名の由来だそうなw


一応リール右側にメロンのランプがあり、点灯位置でボーナスの状態をお知らせするという余計な

機能もついてはいますが・・・


リールの滑りと連動したストップランプの点灯告知(ズルピカ予告)や、チェリー図柄を排除した事で

目押しがほとんど不要と、一応初心者向けのマシンのようにも見えるのですが、配列上バナナ役

(15枚)はおろか、シングルボーナスにまで取りこぼしポイントが存在する等、わけが分からない癖に

実は目押しだけは強要させられるという、非常に理不尽な出来に仕上がっています。


又、当時としては珍しい3枚掛け専用機と言う事も打ち手から敬遠された理由かも知れません。


とりあえず新台という事でわけも分からず打って見たのですが、50枚のコインが減るのがこんなに

苦痛だと思ったのはこの台が初めてでしたw


まぁ、技術介入機時代に登場したのが評価の低い理由なんですが、何気に現在まで影響を与えて

いる、新しい工夫が随所に凝らされていますので単に登場時期が悪かったとも言えますが・・・・・




■ゲームで遊ぶ

実戦パチスロ必勝法!サミーレヴォリューション2
Amazon.co.jp


メロンパニックの他、ワッパーズ、かっぱっぱ、ロイヤルバー2、ジャパン2が収録されています。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

2 ■reメロンパニック

何気にミニリールタイプのスロットの原型とも
言える小役配当なのかも?

1 ■無題

赤7・バナナ・青7か
青7・バナナ・赤7のどっちかが一確でしたよね。イイ意味で紛らわしいので継承して欲しかったですw

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。