November 19, 2006

チムドンドン

テーマ:■4・5号機

【メーカー】大都技研
【販売年月日】2003年3月17日
【タイプ】A-ST
【特徴】周期天井


吉宗で一躍トップメーカーに躍り出た大都が、その直前に登場させていたストック機。

最大の特徴はストック機では破格の「191P」という天井の浅さ。

到達直前にはズル滑りが発生するようになっており、最大4G続いて告知が発生します。



・・・・が、ここで告知されなかった場合、再び天井がリセットされるようになっています。

つまり、「天井=放出」ではなく単に放出抽選が行なわれるだけだったのです。


従って、通常時は滑りをチェックする意味で目押しが必要とされました。


こういう仕組みなんで、ゲーム性を理解していない客層のお店だと、G数チェックで天井

を狙うだけで、そこそこ収支をあげる事が可能となっています。




実際に、自分も打つ台がない時はよくこの島で打っていました。



・・・・しかし!!




この台の場合、重要なのは狙いどころではなく実は「止め時」の見切りの方なのです。

中途半端に打ってしまうと、天井まで止められない為、ズルズルと打ち続けてコインを減らす

事が結構あるのです。



周期天井だけでなく、チェリー解除もあり、又内部モードも複数存在する為、中途半端に設定

なんかを意識すると冷静な判断が出来なくなったりしますw



連モードはほぼクレジットで解除される為、一撃性がかなり高かったんですよね。


この台を打っている時は大概「他に打つ台がない時」だったので、ついついこの「まぐれ一発」に

期待を寄せてしまうのです。天井が浅い為、次の・・・次の・・・と打ち続けているうちに、いつの間にか

えらい投資になっている事が何度もありましたw


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

5 ■reチムドンドン

ま、あえて探してまで打つほどの台ではありませんからw


個人的にはこの頃のわけのわからん大都は
好きだったんですけどねぇ・・

4 ■機械の存在を知りません

よってスペックも。

ということで、
>さて、この三人の中で一番可哀相なのは誰だ?w
存在を知らなかった私かと(笑)

3 ■reチムドンドン

中身も知っていて設置店もあったのですが大勝したことないです。
・・・・・orz


さて、この三人の中で一番可哀相なのは誰だ?w

2 ■チムドンドン

中身を知っていたのですが、近所に設置店が無かったために、台自体見たことがないです。 
( ̄□ ̄|||)がーーん!

1 ■汗...

えっ、この台ってこんなシステムだったんですか...。
職場の近所にあってたまに触ってましたが、ただのハマリの深い沖スロ的な台だと思っていました...やはりよく勉強しないで見たこともない台を触るのはよろしくないようで...(滝汗)。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。