October 31, 2006

ナイツ

テーマ: ├ 新基準機

【メーカー】山佐
【販売年月日】2001年2月11日
【タイプ】B
【特徴】メーカー自称「Yタイプ」


新基準機の規制を(当時)最大限に活かして、それまで全くなかった異色のスペックとして

登場したのがこのナイツでした。


ジャックインは1回しかないものの、設定1でもビッグ確率は199分の1と破格の数値となっ

ています。ビッグ中のメイン小役は左にボーナス図柄を狙い分ける3択となっており、これを

ナビするハイパービッグと自力で当てるノーマルビッグがあり、獲得枚数は従来のAタイプの

BRと非常に似通っています。


ジャックインは持ち越しがある為、ビッグがハイパーに偏れば一気の出玉が見込める変わり

に、ノーマルが続くと撃沈する事も珍しくありませんでした。


このビッグの振分けは単純に揃えた時の振分けだけでなく、ハイパーが確定するゾーンが

存在した事がこの台の最大の特徴でした。


通常時にスイカが成立するとリール右側のランプが点灯します。このランプが点灯している

間にビッグを引くと100%ハイパービッグとなるのです。更にハイパービッグ後はランプ点灯

状態からスタートする為、一旦ハイパーのループに突入すると従来機ではありえなかった、

一撃性が期待できたのです。


山佐が「Yタイプ」と宣伝していた為に、そういうスペックが存在すると思っていた人も結構

いたようですが、実際には単なるBタイプですw


ハイパーゾーンはサブ基盤管理によるもので、内部的には3つのモードが存在します。

通常時のスイカ揃いから突入するのはBゾーンで、これは10G固定されるものの、以後は

ランプ小役が成立すると4分の1でCゾーンへ移行します。


Cゾーンはランプ小役の2分の1で通常へ戻るものの4分の1でBゾーンへ復帰します。


ハイパービッグ後はAゾーンからスタートするのですが、これは50G固定で以後はランプ

小役の3分の2でBゾーンへ移行します。


それぞれのモードはランプの点灯パターンで把握できるだけでなく、小役が揃った時の

バックランプの色でも移行がチェックできるようになっていました。




ハイパーゾーン中のビッグは当然ハイパー確定ですが、通常モードからでもハイパーの

振分けがあったので、先ずこれを引かない事には話しになりませんでした。


登場初期はそのビッグ確率から甘すぎて使えないのでは?と噂されたのですが、実際に

はBRの偏りが激しいA400タイプと同じものでしたから、思った程人気は出ませんでした。

(設定6の破壊力は別格ですが・・・)



それ以前に個人的にはハイパーゾーンの存在で止め時を見失う事が結構あったのが嫌で

したね。ボーナスが確定しているわけではないのに、ランプが点灯している為、ずるずると打

ち続ける事を強制させられるのが辛かったのです。


止めようと思ったらスイカが揃ってコインを減らす・・・みたいな遠隔でもされてるのか?と思う

ような展開がしばしばあったんですよw


出目とか演出は山佐らしいこだわりがあったのですが(何気に初のバウンドストップ採用機で

もあります)たまに訪れる信じられないクソはまりのお陰であまりいい思い出がないのも原因

でしょうか?



自分が打ったわけではないのですが、2000はまりを目撃した事があるのでそれがトラウマに

なっているのかもしれませんが・・・


そういえば、ビッグ成立後のベットボタンを押すタイミングでハイパーが狙えるという噂が広まり

ましたが、真実の程はどうだったんでしょうかね?




■ゲームで遊ぶ

山佐Digiセレクション

Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

12 ■無題

先日又々DENDOさんでナイツ打ってきました。初当りでオカルト試してみた所、見事ハイパ-でした。その後ゾ-ン内ハイパ-4連で台移動したので、オカルトだったのか振分けだったのかは謎です。ご教授有難うございました。

11 ■Re:無題

>Mさん

スイカはこぼしてもちゃんとランプつきますよ
ボーナス揃えた後にランプの全点灯のタイミングでベットするとハイパーになるというオカルト裏技がありますので、宜しければお試しをw

10 ■無題

MHでは結構人気でした。当時は大花メインでしたので打った事が無かったのですが、先日DENDOさんで、初打ち?しました所これが中々面白いんですね、(設定6なので当然ですが)ボ-ナス確率高いのでNBも枚数の多いバケだと思えば結構打てたかも。ところでその時ボ-ナス確定後次ゲ-ムでスイカを引いてNBだったのですが確定後ではダメですよね。あとスイカ取こぼした時どうなんでしょうか、何分初打ちなもので。

9 ■reナイツ

大江戸桜吹雪等もそうでしたが、即止めを防止する意味で結構ホールからは好評だったみたいですねw

8 ■無題

リール制御や出目、確率やスペック等、当時の山佐を象徴する機種ですね。
ホント獣王と時期がかぶっちゃったのが惜しまれます。
スペックは6以外辛めな感じですが当りやすいし、レアテーブルでのハズレや成立Gorハズレのチャンス目が沢山あったりと出目も練りこまれてたりで通常時は結構楽しめました。ハイパーゾーンは要らないんで純粋にハイパーとノーマルの比率を半々にしてほしかった。メイン小役が6枚役ってのとハイパーゾーンが罠すぎたw 小役落ちなきゃコイン持ち悪いし小役落ちるとハイパーゾーン終わるしで・・・

7 ■reナイツ

今なら評価できる台の典型ですねw
当時は大量獲得機やAT機と比較されました
から、どうしても見劣りしてしまいました。

これが今も残っていたら連日賑わっているような・・

6 ■あまり打てませんでしたが

ゲームの独創性と、筐体やリール、光や音の演出に至るまで、その完成度の高さと雰囲気で今でも「芸術品」級だと思っています。
近くに設置店がなかったのであまり打っていませんが、短時間勝負の台のイメージがあります。
短いスパンでパイパーが3~5回きたら、スイカが揃う前に退散していました。

5 ■reナイツ

■orange7bar さん
登場時はその確率から売りが上がらないのでは?
と不安視されたようですが、結構逆噴射も多かったですよねw

左のボーナス図柄によってリーチ目の法則が変わるというのは良かったのですが、自分は結局
一番分かり易い黒ばかり狙っていました。

■匠さん
止めたいのに消えてくれないのでいらつく事も
結構ありましたよね。消える直前にスイカが揃ったりとか、消えた直後にボーナスとか・・・

何でこうなるの?という印象がやたら強かった気が・・・

■SARさん
獣王は歴史的価値は高いのですが、その反面
多くの名機を埋もれさせていますよね。
個人的にはキャッツアイの設置が伸びなかったのが非常に哀しい思い出です。

■ふらっとさん
山佐のサウンドは名曲が多いですよね。
特にファンファーレにこだわってくれているのが
個人的にはツボです♪

4 ■無題

好きだったなあ...
枚数少ないから勘弁願いたいチャレンジBIG。
ところがナイツはチャレンジ中の曲が最高に良いから許してしまってました。
(だから負けてたんだろうな...)

3 ■最高峰スペック

個人的には、純Aを除いた場合のNo.1機種です。
ホームに入らなかったので、毎週、隣町まで行って打ってました。
いくら出玉がショボくても、とくかく、このBIG確率だけで言うことはありません。天井が無いのも個人的には好評価。
「遊びやすいのに噴く時は噴く」という、山佐の方針が見事にハマったマシン(その後はひどいが・・・w)
愛してます。

ホームに入らなかったのは・・・獣王のせいでしょう。
一般的に、この機種は、完全に獣王の陰に隠れてしまったような気がします。
1~2ヶ月ほど登場するのが早かったら、もっと歴史的名機の賞賛を浴びていたかと。。。

2 ■聖火ランプ

は曲者でしたね。やめようかと思っているタイミングで点灯しますし。

出始めの頃は、Bタイプかつ仕組みを覚えるのが面倒(他のAタイプに比べて)
なので触らなかったのですが、何かのきっかけで打ち始めて面白さに気づきました。
ハイパーかノーマルの偏りで、良くも悪くもとんでもないスランプになります。

1 ■なぞのYタイプ

こいつはけっこう打ち込みました。
ハイパーの引きによっては厳しい勝負になりがちな台でしたが,当時の我がホームでは,その分高設定の不発台据え置き狙いがおいしかったものです。
はずされる最終日,店長がこっそり6を打たせてくれたのも今は昔。9000枚近く最後にいただいた台だけに,よい思い出が先行してしまいます。
私の数少ない山佐で好きな台の一つです。もう一回打ちたいなあ・・

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。