October 18, 2006

・■スーパージャックポット

テーマ: ├告知主流機

ミニ

【メーカー】尚球社
【販売年月日】1998年3月
【タイプ】A
【特徴】デジタル告知


ジャグラーによって告知機能が打ち手に認知されるようになると、北電子と共に

初心者向けマシンを登場させていた尚球社はジャックポットシリーズの最新作で

新たな告知演出を搭載したマシンをリリースしました。


基本的なゲーム性はジャックポットを踏襲しており、伝統の「リプテンパイ外れ」が

鉄板リーチ目に採用されています。ボーナスフラグ成立プレイではリール停止後に

筐体右側のデジタルが「キュイン」という派手な告知音と共に回転を始め、「3・・7」

のいずれかで停止します(作動=ボーナス確定)


3(REG)・5(共通)・7(BIG)となっており、次プレイ開始時に7に昇格する嬉しい逆転

演出も備わっています。

*デジタルに「5」が採用されたのは次機種のトラッドからでした


それまでの告知というのは基本的にフラッシュやランプ等、周りに気付かれないような

地味なものが多かったのですが、ジャックポットの登場により、派手にアピールすると

いう新たな演出が加わる事になりました。


今では当たり前のようですが、この頃は派手なアピールというのは嬉しい反面恥ずか

しいというのが正直な感想でした。


とりあえず、ジャックポットの登場により告知パターンに音が加わったというのは特筆す

べき点ではないとか思われますが・・・・




■実機で遊ぶ

★パチスロ実機【スーパージャックポット】通常セット
¥8,000名和テクニカ

いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

15 ■reSJP

5号機でヤーマから復活しましたね。
ちょっと打ってみましたがほぼ当時の
ままでした。

只リールがでかいので何か違和感が。

14 ■無題

何て言ってもリプレイの度にちょっとだけドキドキ出来るので完全告知でありながらも飽きずに打てました(゜∀゜) 中段テンパイとかサイコーっす!!
岡崎はこの路線だけは未来永劫ずっと継承して欲しいっすね♪

13 ■reスーパージャックポット

もうすぐ完全なリメイク機が登場しますよ♪

メーカーは岡崎ではなくヤーマ?だったかな。

12 ■無題

これは僕にとって最上の機種でありました。
なんと言っても、打ち始めてからしばらくはリプレイがテンパイする度にどきどき出来るわけです。
しかも、「もうそろそろしょうがないよなー」なんてテキトー打ちはじめた頃にズルッとずれるリプレイ。
脳汁が出るあの音。
岡崎産業、またこういう台作ってくれないかなー。

11 ■reスーパージャックポット

あ、これはですね。上の書き込みにあるように
画像を取り間違えていたので、(こっそりと)
差し替えています(汗

基本的にコメントの流れを壊さないように、元記事は間違いがあってもいじらない方針なのですが、これはうっかり元画像を消してしまっていました_(_^_)_

10 ■見分け方など・・・

おじゃまいたします。

この画像は、初代のスーパージャックポットです。

SJPVは、上部イルミネーションランプが、ニュートラッドのようなLEDでできています。

それと、デジタルの「5」は、センターチャンスでおなじみの「グッドマン」かスーパーチャンス、いやセブンジャック?記憶があいまいです。
トラッドに5の告知はございません。

SJPの後継機でSJPVが出たときに、リール制御が大きく変わったのに気づき、「ねじり」対応になったのには、非常にがっかりしたものです。

また寄せていただきます

9 ■reジャックポット

確かに目立ちました。
まぁ、常連さんは「キュイ」で店員を呼ぶ
合図にしていましたが・・w

8 ■無題

たしかに、ピュイ-ピュイ-で両サイド注目、3でにっこりみたいな、嬉し恥ずかしみたいなところは,ありました。

7 ■reスーパージャックポット

■SPYさん
Vの方はかなり過激な裏物がでまわっったそうですね。画像はやはり間違っていたようです・・
(こっそり入れ替えましたw)

■枠下青七さん
精算ボタンでやっと違いがわかりました(汗
こんなでかい画像だったのに・・・
(クリックで元画像確認できます)

6 ■見分け方

簡単な見分け方はストップボタンです。
初代は銀色の金属、Vは光るボタンになってます。
右にある清算ボタンも初代は銀色の金属でVは赤いボタンになってます。

5 ■無題

こいつの裏モノにはずいぶんとお世話になりました。画像はSJPであってると思いますよ。

ちなみに中段リプレイは左にボーナス絵柄がない場合は、限りなくREGだったと思いますが、ある場合はBIG寄りだったと思います。

4 ■reスーパージャックポット

■枠下蒼七さん
御指摘どうもです。改めてスペックチェックしたら
確かに「3と7」しかかかれていませんでした・・(汗

配列見ると、確かに5コマ開いてますねw
岡崎の機種は、はさみ打ちリプ外れが簡単に
がせるのはこういうリール制御をベースにして
いた為だったのかなぁ・・??

当時の専門誌をチェックして見ましたが、この事に
触れている内容は一切ありませんでしたw

画像はスーパージャックポットで正しいと
思うのですが、Vとの見分け方ってありますか?
(画像比べたのですが、違いがわかりませんでした・・)

■匠さん
何気にデジタル回転中にボーナスを揃えようと
結構無意味に燃えていましたw

3 ■キュインキュインキュイン

の告知音でしたね。
当時としては筐体の操作性がかなり良かったです。

@5.4で30回くらい6を終日打ち切って(設定打ち替え)
トータル負けている相性がとてつもなく悪い台ですが(涙

なお中段リプはずれで告知入ると、実戦上90%以上でバケです。
(BIGの場合なかったような気が...)

兄弟機のトラッドはJAC中の払い出し15枚で
SJPよりスペック(割)は甘いのですが、
デジタルの動きがうざい(中々停止しない)ので
あまり好きではなかったです。

元祖と違い画像の「SJP-V」はボーナス成立後も抽選を行っていて、
貯まったボーナスは消化後に1G告知したかと。

2 ■トリビア

画像はSJP-Vですね(苦笑)
さて、この機種ですがリプレイはずしをハサミ打ちで出来たことはご存知ですか?
中リールの黒BARのところ、リプレイの間隔が5コマあります。
はい、ハサミ打ちでリプレイテンパイしたら黒BARビタではずせます。
さらに、この黒BARのため中段リプテンが2確になったとも聞きました。
順押しでは黒BARのため、中段でリプレイを揃えようとしても取りこぼしてしまいます。
上段か下段ならば引き込めますからね。

1 ■5は

トラッドからだったかと。SJPは3と7だけですよ。
ウラモノもかなりありましたね。地元にあったのはダイナマイトバージョンでした。初当たりは3で、天国モードに入ると7が出まくる、パチンコのダイナマイトのゲーム性でした。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。