October 15, 2006

・■必勝金閣寺物語

テーマ: ├    ST機

【メーカー】高砂電器
【販売年月日】2002年9月
【(C)】白夜書房?
【タイプ】B-ST
【特徴】金7が揃うと以後2回ループの確率変動に突入


ストック機能により、連荘やはまりを自在に演出出来るようになった4号機。

そんな中、高砂から登場したのは金図柄の7が揃うと以後2回のビッグが保障され

ループ性もあるという、かつてのフルスペックCR機を再現したものでした。


Bタイプという事でストック切れの心配もなく、テーブル解除や強制解除等もあり

ビッグ中に特定手順で消化すると128G以内の連荘が確定していた場合は、プレ

ミア演出が発生するという嬉しい隠しコマンドも存在しました。(確かジャックインの

時にベットと精算ボタンを交互に3回押すというもの、成功しても必ず出現するとい

う類ではなkったと思います)


元々連荘テーブルの振り分け上、ビッグ後は128Gまで打ちますから、あくまでも

おまけ要素的な演出ですね。獲得枚数は少なめなのですが、その分は連荘性と

浅い天井で補われており、同時期に登場した山佐のザクザク千両箱と比較されま

した。



しかしこの台、実はリメイクマシンだったんですよね。

ミニ

ようやく技術介入機が登場した頃、突如として出現した「CR金閣寺」のスペックをほぼ

そのまま継承しているのです。


実はこの台、パチスロ必勝ガイドで架空パチスロとして掲載されたものだったのですが

誌面の構成は通常ページと同じように作られており、ゲーム性等も非常に細かく解説

されていたのです。御丁寧に実践データまで載せていたような・・・・


右隅の方に小さく「これは架空の台です」という注釈はあったのですが、掲載後はもの

凄い問い合わせがあったそうです。好評だったのか、この企画でガイド考案の架空パチ

スロがいくつも掲載されたのですが、それが数年の時を経て、遂に合法マシンとして実現

されたというわけです。


完全確率ではなく連荘機が登場して欲しいという打ち手の要望から生まれたマシンだった

わけですが、まさか実際に登場した時にはもっと過激なマシンだらけになっていたとは、

さすがのガイドも夢にも思わなかったでしょうねぇ・・・




■ゲームで遊ぶ
PS 実機パチスロ徹底攻略SPEED・CR金閣寺  ★中古★
¥100ギャングスター 筑紫通り店

もしかしたらプレミア価格になっているのかと思ったら100円で売ってましたw


■実機で遊ぶ

激安パチスロ実機 必勝金閣寺物語メダル500枚セット
¥6,300ユカイ

コメント

[コメントをする]

1 ■ガイド

ガイドに出たときのことは鮮明に覚えていますね...えらいわくわくしたものです。
ただ、実機が出てきたのがだいぶあとだったし、ほかにもっとそそる台がたくさんあった、ということで、未練打ちで一度数千円打っただけで、気がつけばいつの間にかなくなっていました...。

2 ■「マニアックG」とかいうのもあったような

「どきどきデート」「うたまろ」に続くシリーズですね。
後者にいたっては高田馬場の「東○会館」(公式ではなく私の推測です)のコンチネンタルの島にパネルのシール貼った
店内映像作ったりして手が込んでいました。

なお「CR金閣寺」は市場へ本当に出たのでびっくりしましたが、
ただ雑誌に載った時期(Nパル全盛期)と販売された時期(ミリゴやらの爆裂機)では状況が全く違うため
他機種に比べて爆発力は劣ったためか設置はあまり伸びなかったです。

3 ■re金閣寺

4号機の進化の速さを物語る台でしたよねこれ。
CR金閣寺が掲載された頃は「こんなの出せるわけないじゃん」とか思っていたのに実際に登場すると「こんなしょぼい台打てない」ですもんw


架空台は他にも「東京きんたま野郎」(フェラブナ電子)というのが・・・w

コメント投稿

[PR]気になるキーワード