June 24, 2006

・■海一番R

テーマ:■4・5号機

海一番

【メーカー】山佐
【販売年月日】2003年3月24日
【(C)】三洋
【タイプ】AーST
【特徴】CR機をベースに確変突入・継続が50%ループされる


パチンコで大人気のCR海物語を液晶で完全再現。

三洋物産との正式タイアップで、海を打っているパチンコファンにパチスロの

楽しさも知ってもらおうという触れ込みから、話題性は抜群のものがありました。


基本的には液晶演出がゲーム性の中核をなしており、オリジナル演出に加え

パチスロならではの追加演出も加えられています。技術介入性はほぼ排除されて

いる事から、やはり初心者層をターゲットに開発されていたのでしょう。


しかし、この台の仕組みはCR機がベースになっているのですが、通常時のボーナスは

テーブル解除に依存するものであり、パチスロの仕組みを知らない初心者が適当に遊ん

だ後に、ハイエナがボーナスを奪い取るという、本来の目的が完全に裏目に出る結果と

なってしまいました。


その結果、登場時の人気が嘘のようにあっという間に客が飛んでしまいました。

演出重視のゲーム性は賛否両論がありますが、海というパチンコのビッグネームを

使用する以上、やはりオリジナルのイメージをもっと活かす必要があったような気がします。



「たら・れば」は禁物なんでしょうが、ボーナス当選を毎ゲームの抽選にして設定差を

継続率と解除率で調整していれば、ジャグ並の人気を勝ち得る事もできたのではないでしょうか?


連荘機時代に登場したという背景はあるにせよ、それが逆に予想外の短命に終わった理由だった

ような気がします。


余談ですが、海のキャラを使用する替わりに三洋からはカエルをモチーフにしたパチンコが

登場するという噂が当時は流れていたのですが、結局真相はどうだったんでしょうかね?


又、山佐の直営店では「海二番」という後継機も登場していたのですが、残念ながら陽の目を

見る事はありませんでした・・・



■ゲームで遊ぶ

ベストオブベスト 山佐DigiワールドSP 海一番R

¥2,940Amazon.co.jp



■実機で遊ぶ

★パチスロ実機【海一番R】通常セット
¥8,000名和テクニカ

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

11 ■re海一番

というより一体誰に打ってもらいたかったのかも
結局曖昧でしたよね。

登場初期は海しか知らない人にパチスロを楽しんでもらいたいという触れ込みだったのですが・・

10 ■無題

ホント純粋な確変になんでしなかったんだろ・・・ これには三洋もビックリっすよね。きっとw

9 ■re海一番

自分のジュゴン初対面は22時45分でしたw

普段なら涙ものなのですが、何とその日は
1時まで営業なんで余裕で消化できました♪

・・・というかあっという間に終わりました(涙

8 ■無題

一度だけ爆裂した事があります。この台で。

知ってる人も多いでしょうが、コイツは打ち始めた時には既に「次回モード」は決定しているのですが
その時は、最初の当りがいきなりジュゴンw
(前に当てた人ありがとーwww)

結局32連チャンして一撃万枚w
最終的には少し上乗せして1.6万枚出ましたw

まぁ後にも先にもまともに勝てたのはそれだけだったんですがね。。。

7 ■re海一番

ジュゴン登場で爆連確定と分かり易かったのですが引けそうで引けないもどかしさがありましたよね、これ。

6 ■一度は・・・。

一度は爆裂を体験したかった。
爆裂を夢見てそれなりに打ったけど、通常時のつまらなさを克服することができずに断念。
もう少しゲーム性がほしかった。

5 ■re海一番

■continental777さん
初期はまだ、隠れ確変があるかもということで32Gまでは回していたんですけどねぇ・・w

逆に400以上回っている台は速攻でハイエナ登場と言う、打ってはいけない範囲が明確すぎたのが致命傷でした。

■枠下蒼7さん
その割りにスロはサミーから出すと言う全方位外交(よく言えばですが・・)といっ
ても所詮は海だけなんですけどねぇ・・

通常時は全設定ほぼ共通で、プレミア部分だけで差をつけても海ならかえってよかったかも知れませんね。

■匠さん
一応海ファンや年配者にはそこそこ人気があったように思うのですが、いかんせんうろつきハイエナが蔓延し過ぎた為、そう言う人達があっという間に消えたのが痛かったですね。

4 ■いっそ

ギンパラみたいに3段階設定でもよかったのでは?

3 ■短命

「猫で小判」あたりで三洋とアリスト(サミー)が提携していたの知っていたため、
山佐から発売されたのをみてびっくりしました。

その後サミーから出た「海物語」も同様ですが、
そこそこ導入されたのにもかかわらず客飛び早かったですね。

解説にあるように、私もRT振り分けの偏りがきつかったのが
原因だと思います。
偏らせるにしてもせめて「帰ってきた黄門ちゃま」くらいにしておけば...

2 ■パンフレット

三洋物産の協力に感謝しますみたいなことが書いてありました。
カエルなど山佐キャラはなぜか京楽のパチンコに出てますね。
水戸黄門にはカエル、プラネット。
たぬ吉くんのドットにはカエル。
大人の事情でしょうかw

1 ■4G

たしかに、この台、しばらくしたら客がとんでましたね...。
島の端から端までデータカウンタが「4」並びだったのを見た記憶がありますw
キンパルや巨人の128並びや吉宗の193or565並びなんかよりもよっぽど強烈でしたね...あれじゃぁすぐ撤去も納得です...。
にしても、海二番ってはじめて聞きましたw

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。