May 03, 2006

★ニューペガサスα

テーマ:■4・5号機

ニューペガサス

【メーカー】エマ
【販売年月日】2003年3月17日
【タイプ】A400-ST
【特徴】1号機ペガサスをストック機で完全再現


1号機で認められていた吸い込み方式。


2号機以後は完全確率のみの抽選方式で統一された為、あの頃の連荘システムは

再現不能と思われていました。


ところが、4号機でサブ基盤の搭載が可能となり小役の集中や、天井等が復活する

ようになり、更になし崩し的にストック機能までもがOKとなり、この時点でパチスロは

過去の全てのスペックを再現する事が可能となりました。


元々吸い込み方式というのは差枚数でボーナスフラグを成立させるものですから、ST機

でも再現は難しいものだと思われていました。


しかしエマは「払い出された枚数分RTを内部追加する」という斬新なアイディアにより、1号機

ペガサスを完璧に再現させる事に成功させたのです。


パネルデザインや図柄までも当時の雰囲気を重視した作りとなっており、それまでに数々あった

「なんちゃってリバイバル機」ではなく、1号機ペガサス21世紀バージョンと呼ぶにふさわしい

完成度を誇っていました。


残念ながらエマというメーカーの知名度の低さから設置自体はあまり伸びませんでしたが、

攻略要素も満載にあった、4号機屈指の名機(だと自分は思っています)ではないでしょうか?



この台は小役が揃うとその分ボーナスの放出が遅れる事になりますので、基本的には通常時は

小役を外す事が必要です。元祖のゲーム性を再現する為、通常時はメーカーも逆押しを推奨して

おり、専門誌でもそれに追随する手順を掲載していましたが、実は順押しだと難易度は高いのです

が、リプレイ以外の小役を完璧に外す事が可能でした。



連ゾーン狙いの場合は、完璧外しで効率重視。

高設定を掴んだ場合は、ストック切れを防止する為、残り時間を考慮しながら完全小役狙い。


これを使い分ける事により、激甘機種となったわけですが当時は大手メーカーを初め新台が

続々登場する状況でしたので、ここまでこだわったり、検証する専門誌は皆無でしたねw



■ゲームで遊ぶ

激熱!パチスロ ニューペガサス

¥1,764株式会社ベクター


スロッターUPマニア3 伝説復活!
ニューペガサススペシャル
¥6,090Amazon.co.jp
こちらはスペシャルだけあって、1号機ペガサスまでも収録
されています。中古相場は1000円前後ですので、見つけ
たら手に入れるのもありかな?
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

6 ■reペガサス

基本的にボーナス後にテーブル抽選だったと
思うのですが、即連・連・引き戻し・はまりの
テーブルがあり、かなり振り分けがいびつだった
ような・・・??

ビッグ後にボタン周辺がフラッシュすると即連
モ-ド確定とか嬉しい演出がいくつかありました♪

5 ■一度だけ爆連状態に!

会社帰りにフラっと寄って、爆連したことがあった。
解析を詳しく読んだことがないのではっきりしたことは言えないが、エマ特有の天国モードがあったのではないでしょうか?
凄まじい連チャンであっというまに5000枚出た。

4 ■reペガサス

ちなみに何故エマがパル工業の台をどんどんリメイクするかというと・・・

単に会社が解散した時に社員がそちらに移動しただけだからですw

最近は次々と登場させてますね。
ちなみに筐体は他のメーカーにもOEM提供しているようで、数社が同一筐体を使用しています。

3 ■そうだったのですか...

今までずっとただのストック機だと思ってました...そこまで初代を忠実に再現しようとしていたとは...。
やはりノクターンをアレンジしてしまったのは残念でしたね...。
もう少し打ち込んでおけばよかったなぁ、と思う機種ですね。

2 ■reペガサス

個人的には時代に上手く合わせた変更だと思っています。

筐体の完成度も高く、マイナーメーカーの躍進を予感させる機種だったのでは?というのが当時打った感想でした。

というか、当時裏物ばかり登場していたメーカーからきちんとノーマル機が出るようになった・・・というのが結構驚きでしたが・・w

1 ■2は元祖を越えられない

という缶コーヒーのCMが以前ありましたが、これもそういう印象があります。

残念だった点は、
・BIG中のノクターンが変にアレンジされた。
(REGは問題外)
・消灯やフリーズいらない

個人的には元祖を忠実に再現してほしかったです。

それでも他のAT機より好きでしたが、一般客のうけはイマイチのようで撤去されるのが早かったです。

RT振り分けが異なる白パネルのLは、もっと設置が少なかったです。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。