April 17, 2006

チャレンジマン

テーマ: ├    AT機

チャレンジマン

【メーカー】岡崎産業
【販売年月日】2001年9月9日
【タイプ】AーAT
【特徴】 2号機のヒット作が復活?


技術介入機をほとんど登場させなかった、初心者に優しい岡崎産業のイメージは

AT機では一気に方針を転換させました。


かつてのヒット作のリメイクとして登場したチャレンジマンには、初代の面影は殆ど

なく、目押し不要の爆裂機であり、一撃万枚も可能な過激なスペックを持っていました。


基本的にはビッグ、0枚役揃いのAT(連荘はなし)後の高確ゾーン(上部ランプが点灯)

中にチャレンジゲームと呼ばれるATの突入を目指すものなのですが、不思議な事に

その突入条件や連荘条件が全く判明しなかったのです。


最後まで専門誌が解析を載せなかった事もあるのですが、恐らくメーカーの方もデータを

提供しなかったんでしょうねぇ・・・出玉性能では当時のAT機でも1・2を争う過激さを持ち

ながら誌上で話題になる事はほとんどなく、陰に埋もれた機種となってしまいました。


逆にそのお陰で、爆裂機規制の対象から外れたのですから、何が幸いするかわからない

ものですねw


ちなみにこの台は変則押しをすると「1Kで50回転以上」遊技が可能となっていました。


遊技方法等にも全く明記されていなかったので、攻略法発覚か?と初期に話題になりまし

たが、実は「初の変則押しペナルティ採用」機種だったのです。最初に左を押さなかった場

合、以後数ゲームはATの抽選が行なわれなかったわけですが、そのペナルティの正確な

条件すら最後まで不明のままでした。従って、最初からATを放棄して変則押しでまったり

とビッグを楽しむという打ち方も一応可能だったのですが・・・



恐らく最終的な機械割りが変わらなかったため、「やりたければやれば?」みたいな感じ

で、メーカーもあえて触れなかったんでしょうかね?

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

3 ■無題

この台はすごかったですよね・・・・。

軽く2万枚たたき出しましますから・・・・。

私もそれなりにおいしく頂きました。

2 ■reチャレンジマン

出玉性能の割には全く話題になりませんでしたよねこれ?
自分の近所にも設置されていたのですが、時折
信じられないような爆連をかましていました。

普段から高設定は滅多に使わないようなお店でしたから、恐らくATに関しては設定不問の連荘性が兼ね備えられていたんでしょうねぇ・・

たまに奇跡を狙って打ったものの、万枚の神は
自分には降臨してくれませんでしたが・・・

1 ■一、二を争う出玉性能にしびれた!

渋谷のエス○スに入っていました。ATの一撃性は、ただただ驚愕の一言。万枚オーバーは当たり前でした。ボーナスとAT発動時のリーチ目が同一であるため、ボーナス後(AT高確率時)にリーチ目が出たときには、AT連打を期待してちびりそうになります。(期待がはずれてボーナスであることがほとんど。)
ただ、ほぼATが確定するリーチ目もありますんで、その目が出たときには、脳内アドレナリンが噴水の如く噴き出します。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。