April 08, 2006

エイトマン

テーマ: ├大量獲得機

エイトマン

【メーカー】タイヨー
【販売年月日】2000年3月
【(C)】平井和正 桑田二郎 テクノマックス
【タイプ】A
【特徴】変則8ライン機


規制緩和により多ライン機が認められるようになると、変則ラインを採用したり、

リール枠を増やしたりという機種が登場する中、自分が愛するタイヨーは何と

有効枠を2段に減らすという暴挙に出ましたw


上下2段という有効リールの変わりに、「枠内に停止していれば全てOK」という

せこいのか太っ腹なのか理解に苦しむこの変則マシンは、タイアップにふさわしく

有効ラインが8ラインも存在しました。


登場直後からほぼ裏物ばかりという事や、自分が実際に打ったのは1回だけ、という

理由からこれが名機かどうかの判断は非常に難しいわけですが、その数少ない実践

の感想では、「無茶苦茶面白い」という印象が強烈に残っているのです。


2段しかない分、停止系のインパクトが強い上にわかり易い、2段ぶち抜き図柄は回転

中の視認性も抜群等、工夫次第では3段5ライン機よりも人気が出るのでは?


と、勝手な想像をしてしまいました。


今でも何故このスペックが受け入れられないのだろう?という素朴な疑問さえ感じます。

苦戦する5号機市場でも、もしかしたらこの8ライン機なら天下を取れるのでは?という

予想はあながちそんなに的外れではないと思うですが、どうですかね?

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

8 ■reエイトマン

リプ連バージョンは名波さんの漫画で結構スペックが紹介されていましたね。

あれを見て目押し魂に火のついた人も結構いたのではないかとw

7 ■懐かしい!

ビック中二回ビタが要求されますが、できれば500枚くらいでました。僕が打ってたのはリプ連verで、天井や引き戻しゾーンでおいしかった記憶があります。

6 ■reエイトマン

ま、当時のタイヨーは裏物前提で売られていましたからね。

その為、ノ-マルで通用するような台でも悲惨な結果に・・・・

5 ■無題

裏物しか見たことないんですが・・・この台w
バージョンが分からなかったので手ぇ出せませんでした。あの変則的な8ラインで敬遠してたってのもあります。そー言えばバケ絵柄ってスイカでしたっけ・・・

4 ■re目押し力

自分もAT全盛期にたまにリハビリと称して結構目押しマシンを打ったりしました。

出玉はしょぼくても出したという充実感が全然違いますからねw

3 ■今の目押し力で(;;)

B物しか出回っていなかったようですがあのころにこの台のビタハズシは厳しかったのを良く覚えております。
最近妙にこの台のハズシに挑戦したくなり探してみましたが見つけることができませんでしたOrz

2 ■reエイトマン

アルゼ系も1ライン機結構ありますね。
全く打ちたいとは思いませんがw

1 ■無題

パロット5号のカリブの海賊は1ライン
でしたね。

激しくやってみたいとは思うのですが・・・。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。