April 02, 2006

・テンタクルズ

テーマ: ├技術介入機

テンタクルズ

【メーカー】瑞穂製作所
【販売年月日】1998年11月
【タイプ】A
【特徴】新基準対応旧要件機?


4号機規制緩和初期の最大の特徴は「ライン数の増加」「大量獲得」というもの

だったのですが、このテンタクルズは旧要件機として登場していながらビッグ中

の獲得枚数が軽く500枚をオーバーするという破格の出玉性能を持っていました。



但し全リールビタ押しが必要な上、目押しに失敗をすると小役が取れない&外しが

できないというプロ御用達ともいえる難易度も兼ね備えていたのです。



リプレイが小役として認められなくなった事により、新基準4号機はデータカウンタが

リプレイ成立時のカウントが無視されるようになっていたのですが、この台もやはり

カウントに含まれなかった為、単に認可が早かっただけの新基準機じゃないの?

という評価がされていたようです。


規制緩和の黎明期に登場した為、結局真偽の程は不明だったのですが、その最大

の原因はやはり「あまりにも設置が少なすぎた為」というのが真相なのですが・・・・


当時のアルゼ特有のリール制御も健在で、優れたゲーム性を持ちながら登場時期

の不運さとフル攻略時のスペックの甘さが仇となり、名機でありながらマイナー機と

して姿を消したのはあまりにも惜しいです。



■ゲームで遊ぶ

パチスロ完全攻略アルゼ公式ガイド4
Amazon.co.jp

中古は1円ですねw

収録機種はスカルヘッズ2、ウルフエムX、レインボークエスト、ビーマックス

となかなか魅力のあるラインナップのような・・・

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

2 ■re10タクルズ

最初のビタに失敗すると外しはおろか小役まで
とりこぼすシビアな制御は完全に初心者を排除
してましたよね。

ヒットはしませんでしたが、こういう打ち手を限定した台って結構好きだったりしますw

1 ■無題

この時期アルゼグループから同時に5機種リリースされましたよね。中でもコレが一番好きでした。
アルゼマシンなのにこの台ホントライバル居なかったっすw 目押しはビッグ中、まずど真ん中にイカをビタ→右中段に上にスイカの付いたバーをビタ・・・(だっけな・・?)みたいな感じで嫌がらせ級でしたがたまに500枚オーバーもあったりでかなり燃えました(*^▽^*) でも目押し難易度は、ハナビやグランシエルくらいのが丁度イイ様に思います。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。