March 14, 2006

セブンダラーズ

テーマ: ├大量獲得機

セブンダラーズ

【メーカー】ネット
【販売年月日】1999年10月
【タイプ】Aー600
【特徴】ツインビッグ初採用機


4号機の規制緩和によって、積極的に新しいアイディアを取り入れていたネットは

ボーナス中の制御が異なる2種類のビッグを初めて採用しています。


ビッグのフラグ自体は1つしかないのですが、揃う図柄を制御でコントロールして

いました。複合小役に続いてストック、ツインビッグとアイディアが即ヒットには結び

つかなかったものの、ネットのこうした発案は以後の機種に多大な影響を与えてい

ます。



解析が出た時に、誰もが考えたのは「スーパービッグだけを狙う事は出来ないもの

だろうか?」という事でした。


これは難易度は高かったものの、一応可能となっていました。

詳しい手順は忘れましたが(というかこの台はほとんど打った事がないので・・・)

確か、揃えるまでのコインロスを考慮するとほとんど効果がなかったのではないで

しょうか?


それよりも、このスーパービッグ狙いに関しては最初に発表した「パチスロ必勝本」

に対してガイドが名指しで批判していた事の方が記憶に残っています。


必勝本は締め切りの関係上、詳細な手順やデータが判明する前に暫定版として

スクープ的に誌面で発表したのです。


それを見たガイドが「検証が足りない」「確実性がない」「専門誌としての方向性に

疑問を感じる」的な記事を載せたわけですが・・・



正直スクープを先取りされたので悔し紛れに記事の粗を探して無理矢理避難して

いたようにしかみえませんでした。


先にスクープされた事がそんなに悔しかったんですかねぇ・・?

読んでいて何とも後味の悪い感想しかありませんでしたから。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

4 ■ありがとうございます

初の1箱カチ盛りした思い出の台です♪
ただ・・・結構忘れちゃってます(^_^;)

ノーマルビックは確か2パン覚悟だった記憶があります。
スーパービックは獲得枚数に結構差がありました。(0パンしてます)

個人的にビーマックスが打ちたかったのですが、告知と目押しが私には難しくてネックでした。
セブンダラーズのスーパービックはビーマっぽくて気に入りました。
小役も中・中・上段揃いとかでもOKだったので、狙わなくても引き込んでくれました。
演出も多彩で解りやすかったですが、確かリール上部中央の2桁7セグがアチチでした。
当時、凄く気に入ってたので設置店探して打ってました。
ちなみに、同一フラグ・制御で振り分けは、この台が撤去された後に知りました・・・。
2枚がけ空回し打法やってみたかったです。

3 ■re7$

■従兄弟さん
パチの方にも書きましたけど、思い入れのある機種だけでいいですよ。

アクセスなんかは全然気にせずやっていますので、気が向いたときに気軽な気持ちで書き込んで末永くお付き合いください♪

■pochio さん
一応調べて見たらそんな手順が書いてありました。スーパービッグでもかなり運の要素が強そうですねこれ。

逆にノーマルビッグでも2回目まではスーパーと同じと書いてありましたから、もしかしたらノーマルは2パンした方が獲得枚数多かったのかな?

2 ■この台の・・・・・・。

確かスーパービッグ狙いの方法は
1枚がけ(やったかな?)でハサミ打ちで狙うんやったかな??
でも右リールがランダムにスベルんで、狙ったからといって
確実に揃うってわけでもなかったんで
あんま意味なしってなったハズです。

それと確かノーマルビッグはハズシできてスーパービッグはハズシできなかったハズです。

1 ■すいません・・・

それ、わかんないです・・・(汗

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。