March 12, 2006

ハードボイルド2

テーマ: ├    ST機

ハードボイルド

【メーカー】サミー
【販売年月日】2001年5月27日
【タイプ】AーRT-ST
【特徴】更にツインビッグも搭載



ストック機能が認められ更に変化を遂げた4号機。


獣王によって一躍トップメ-カーに躍り出たサミーはお得意のARに

ストック機能を加え、ツインビッグを採用した究極のリミックスマシンを登場させました。


ブラックジャックのST突入は初当りのみという欠点をビッグ後に突入させる事で解消

すると共に、ST中はARでコインが増える上に成立したビッグは全てハイパーで放出

という、超波荒マシンを完成させたのです。


当然そのしわ寄せはビッグ確率に現れており、設定1は485分の1という従来では考

えられないスペックとなっています。


が、この低確率のボーナスも液晶演出での期待感と当ればどれだけ出るかわからな

いという一撃性によって上手く解消されていたような気がします。


つまり、はまりに充分耐えうるだけのゲーム性がバランスよく調整されていたような気が

するのです。


「いつ当るかわからない」という不安よりも「当ればどうなるかわからない」という期待感

が勝っていた点で、既に4号機と言うものはかつての裏物を越えたといってもいいのか

も知れません。


いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

7 ■reハードボイルド

当初はあまり意味がないと思われたパチスロの
液晶をサミーがここまで使いこなすとは夢にも
思いませんでした。

サブ基板からATという発想も素晴らしかったですよね。

6 ■無題

遅れはもうちょいとアツくして欲しかった。演出やリール制御がかなり良かっただけにあの当りの重さのせいでビッグ引く前に心折れちゃいます(-。-;) ARナシでいいんで、演出&リール制御を移植して兄弟機を出して欲しかった。
でも、サミーのARモノはゲーム性にハズレがナイっすね~(*^▽^*)

5 ■reハードボイルド

いえいえ、それは今となっては逆に貴重なネタとして重宝できますよ♪

ちなみに自分もブラックジャック777でバケ1個しかストックできませんでしたw

4 ■AR1000を引いたのに・・・。

AR1000を引いたのにボーナス1個もストックしなかった。
頭にきた。

3 ■reハードボイルド

■nobさん

俺も朝一からいきなりATとハイパーのループに突入した事があります。
ARが6連して一気に8000枚以上表示されました。この時コピーを知っていたら物凄い事になっていたでしょうねw。


■continentalさん
書き込みありがとうございます。

液晶放置のフリーズですねw
こうなると確かリセットしないと解決しなかったはずですが、結構長時間(5分以上)放置しないとなかなかお目にかかれなかったと思います。

2 ■やってしまいました...。

私のほうは間抜けなネタを...。
確か初打ちのときだったと思いますが。
何やら液晶のあたりだかどこだかに「...のままにしないでください」という件があり、何となく「ふ~ん」と思いつつBIGを消化し、そのままトイレへ...。
戻ってみると何やらとんでもないことに...。
RTがやけに騒がしく(たしかずっとバキュ~ンバキュ~ンといっていた記憶が)、店員に電源を落とすよう頼んでそそくさと帰りました...。
以上、パチスロにまつわる恥ずかしいお話でした...。

1 ■Hb

私の打った数少ない4号機の中で最もよく打った機種です。と言うのも対策前にAR中演出が出た後にな~んと無くゆっくりレバーを下ろすと演出が連続で発生する事を偶然見つけていたのです。後に世間を賑わすコピー打法をそれとなく見つけていたんですね。Hbの場合ボーナスが連続するとARでハズレでも出玉カウント(液晶の上部にARとボーナス中に純増枚数が表示される)がリセットされません。そのカウントが2800まで行きました。当時週に1回程度しか打てなかったので、翌週楽しみに次に打ちに行ったのですが、すでにシマが閉鎖になっていました。発覚前に無理しても行くんだったなぁ。。。
もちろん所持していますよ(笑)

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。