March 08, 2006

・トリガーゾーン

テーマ: ├大量獲得機

トリガーゾーン

【メーカー】山佐
【販売年月日】2001年5月27日
【タイプ】A
【特徴】ツインビッグ搭載


液晶機登場以後は、それまでの不振が嘘のようにヒット作を連発するようになった

山佐の液晶搭載第3弾。


最大の特徴はREGをなくし、成立後に振り分けられる2種類のビッグで獲得枚数が

大幅に変動するようになっていた事です。


規制緩和ならではの「ビッグ中ほぼ成立している15枚役」には押し順の概念があり

それをナビするハイパービッグと自力で狙うノーマルビッグが存在したのです。


基本的にはボーナスを揃えてからの振り分け抽選となるわけですが、特定の条件を

満たした場合は全てハイバービッグになりました。


液晶で発生する「ハイパーゾーン」が主な条件で、スイカ成立後に突入し「特定G数」

か「指定時間」を消化すると終了するようになっていましたが・・・・


実質ハイパー確定のプレミアムゾーンも存在していました(ゾーン終了が実質無制限)。

但し、ストック機ではありませんのでボーナス自体は自力で揃えなければなりません。


ハイパーが確定していても、大はまりを喰らってゾーン中に放置・・・という台が稀に

空いていたりしましたw


又、稀に液晶に出現する「H」「Y」「P」「E」「R」の図柄を全て揃えると必ずハイパーに

なるというおまけ要素もありました。これは翌日の据え置きチェックに使用できたので

すが、出現率は低めでしたのでチェックできたらラッキー程度でしたね。


液晶キャラとリールの滑りが密接に絡んでおり、4コマ滑りの連発は激アツでした。

小役ナビともいえる敵キャラに大中小(当然でかい方が期待度アップ)とあったり、

外れorボーナスのバトルがあったりと、リール制御を最大限に活かした液晶演出は

さすが「リーチ目の山佐」というバランスと魅力に満ち溢れていました。



個人的には山佐の液晶A400タイプでは一番好きだった機種です。



■ゲームで遊ぶ

山佐Digiワールド2 LCDエディション

¥7,140Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

4 ■reトリガーゾーン

確かにシステム的には色々不満もありましたが
変に妥協するのではなく、嫌なら打たなければ?
見たいな突き放したゲーム性ってツボにはまると
中毒性がありますよねw

3 ■無題

ハイパーゾーンいらないからスペックもうちょいヌルくして欲しかった。
リーチ目とハズレorビッグのボスバトルは◎だけどそれ以外の演出はメリハリありすぎて好きになるなかったっす。ハイパーの音楽はステキ。

2 ■reトリガー

トリガーは演出→制御の順に楽しむ事ができたので、出目でがっかりと言う事があまりなかったのが良かったですよね?


個人的にはナビキャラの「デカ」が出現した時に思わず「デカッ!」と呟いた瞬間からツボにはまりましたw

1 ■私も好きでかなり打ってました!!

まず、バケがないのがいいですよね(笑)
でも、∞を引くと嬉しい反面早く引いてくれ!と思ってました!!
さすがに、捨てたことはないですが・・・
やはり、大量獲得機なんで出球スピードが速いのでよく打ってました!!

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。