February 25, 2006

・ハイパーラッシュ

テーマ: ├大量獲得機

ハイパーラッシュ

【メーカー】山佐
【販売年月日】2000年6月
【タイプ】A
【特徴】獲得枚数の異なる2種類のビッグボーナスを採用


サブ基盤による演出は、通常時のATだけでなくビッグ中の獲得枚数にも

影響を与えるようになりました。


ハイパーラッシュはビッグ中の成立小役を完全にナビゲートするハイパービッグと

自力で3択を当てるチャレンジビッグが存在し、獲得枚数が大きく変動しました。


この頃からメーカー発表の機械割りというものは「1日単位のG数では収束不可能」な

莫大な試行を必要とするようになり、5000G程度では設定不問で爆裂・大はまりが

当たり前な時代を迎える事となります。



パチスロの立ち回りに「技術」だけでなく「知識」が大きな影響を与えるようになっていった

わけです。ハイパーラッシュもジャックゲーム中にリズムに合わせてストップボタンを押すと

チャレンジビッグでも一度だけナビが発生するというおまけ要素が存在しました。


あくまでもおまけ要素なわけですが、これをやると獲得枚数で確実に差がでます。


知っていると得をするというよりは、知らないと損をするという感じなのですが、こういう基本的

なゲーム性すら理解しようとせずに打っている人が今も昔も必ず、どこのホールにもいました。



■ゲームで遊ぶ

ハイパーラッシュ 山佐Digiガイド

Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

4 ■reハイパーラッシュ

この台辺りから、出目+ナビでの逆転演出が
一般化したような気がします。

単なる外れ目がナビ次第でリーチ目に昇格する
嬉しい逆転パターンが増えましたよね

3 ■無題

初打ちハイパービッグの音楽にマヂ感動して回さずにずっと聴きいっちゃってました。山佐ってこんなサウンド作れるんだ・・・って
通常時のゲーム性も大好きで、特に成立ゲームの出目がサイコー過ぎます((´∀`*)) 左にボーナス絵柄があるときはかなり変則的な目が出たりで・・・ 成立ゲームORハズレのチャンス目とかそれに伴うテトラ演出とかツボに入りまくったなぁ。
良き思い出。

2 ■re確かに

慣れるまでは難しいですねあれは。
一度コツを掴めば簡単なんですが・・・

折角のナビがリプで無効になると非常にむかつきますw

1 ■知ってはいても…

リズム感の問題でしょうか…なかなかおまけ、、、してもらえませんでしたorzこれも大好きな機種でした。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。