June 11, 2006

■チェリーバー

テーマ:■4号機

チェリーバー

【メーカー】エレクトロコインジャパン
【販売年月日】1992年12月
【区分】4-1号機
【タイプ】A-C
【特徴】初4号機・初海外参入メーカー・初REGなしAタイプ


紆余曲折を経て遂にホールに登場した4号機は意外にも新規参入のエレクトロコインジャパン

が最初となりました。


2号機・3号機で開発力を見せていた高砂電器が予想外に苦戦していた事や、新規参入に対し

ての御祝儀的な意味合いもあったと思います。


ユニバーサルと提携を結んでいた為、ハード面はかなり共通したイメージがあります。

当時は、単に処分を受けた瑞穂の代わりじゃないのか?といううがった見方もありました。


機種名の由来なんですが、REGをなくして代わりに集中役を採用。その集中図柄がチェリーと

いう訳で「チェリーがBARの代わり→チェリーバー」だそうです。



実際に打って見ると操作性では問題がなかったものの、やはり初めて体験するリプレイという

役が、ゲーム性を邪魔していたというイメージが残っています。


しかしこの時点ではまだ数多くの裏物3号機が稼動しており、出玉性能という点でどうしても

人気では追いつく事は出来ませんでした。


ビッグ中に挟み打ちでリプレイ外しが可能だったり、2枚掛けにするとジャックインの確率が

大幅にアップしたりと、立ち回る上での技術介入度は(現在からしてみたら)申し分がないの

ですが、この頃は「たかが20~30枚のコインの為に何でそんな面倒な事しないといけないの?」


・・・という意見が体勢を占めていました。


4号機から認められた告知機能にリールフラッシュを採用していたのですが、肝心の告知ランプは

どのホールでもランプを切った状態で営業していました。



これは当時の営業で「モーニング(フラグ成立状態で開店)」が当たり前のように行なわれていたか

らです。要するに告知ランプが点灯していたら営業の邪魔でしかなかったわけです。


同様に打ち手にもまだ、この告知という概念がなかったので「点灯でボーナス確定」よりも「非点灯

でボーナスの可能性0」という部分でかなり否定的に捕らえていたのです。


そして、ここから国産スロが登場するにはまだ数ヶ月を必要としました。


4号機のスペックはしばらくはこのチェリーバーを基準に考えられていましたので、当時の専門誌

でも「リーチ目が存在しない」「連荘性は乏しい」だの、かなり悲観的な予想が主流を占める事とな

りました。



■おまけ動画


ボーナス確定のリールフラッシュ

中段りりすさんのHP から転載しています

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

10 ■reチェリーバー

何気にバックライト演出ってあまり評判よくなかったんですよねぇ・・・

予告に使用されるまでは、ビッグ揃えた後のフラッシュなんかはキャンセルもできなかったので・・・

9 ■無題

小6の時にパチ屋に行く姉貴に付いていって千円だけ打たしてもらいました。適当に打ってたら7揃っちゃって姉貴ビックリしてたっけなぁ・・・ 店員さん来て姉貴怒られてたw この時の店員さん怖かった(^o^; その後、姉ちゃんに小遣い5Kもらって超嬉しかったしw 小学生でお年玉以外に5Kっていったら超大金だったからさ。

てか、この頃からユニバ&エレコ筐体はバックライトを搭載し、それを告知フラッシュに採用してるなんて昔から他メーカーの先を行ってたんですね。

8 ■reチェリーバー

自分が打ったお店はリスキーダックとの入れ替えでした♪

あまりにも違う出玉性能にあっという間に客が飛びましたw

7 ■入れ替え

家の前のホールが県下初導入でした(入れ替え前はリノ)
開店後に店員がお客1人1人に「リーチ目はベルベルチェリーBARです」と言いまわってました。

6 ■リーチ目

実際には4号機でもリーチ目はあったのですが、当時は「等倍返しが禁止」と言う事で、リーチ目も出ないのではないか?というように解釈されていました。

5 ■チェリーバー

他しかリーチ目ありましたよね?

「べる・べる・チェリーバー」だったような気が・・・

4 ■re:チェリーバー

■じゃらさん
ランプが生きているお店もあったのですね。専門誌でその存在は知ったのですが、実際に点灯しているのを見る事は一度もありませんでした・・・

■きららさん
俺は当った事ありますよ♪
でも勝った記憶はありませんw

やはり爆裂機に感覚が麻痺していたのか、少し打って駄目なら直ぐ止めていました。

■pochioさん
確かにあのフラッシュは感動ものでした。
その後SOLEXでパターンが増えたり、しましたがやはりフラッシュといえばチェリーバーですよね。

フラッシュが実は消灯だと知ったのはそれからかなり後の事でしが・・・

3 ■ちぇり~ばぁ~

発売当初は地元に無かったんで
府外に原チャで一時間かけて打ちに行ったっけ・・・・・。
まあ満員でアレジンばっか打ってましたけどね!

初めて「闇が走る」のを見た時は、
マジ感動もんでした。

2 ■チェリーバー・・・・

一回も当たりませんでした・・

1 ■近所の・・・

近所のホールが店舗改造→新装オープンの際に導入したのがチェリーバーでした。
(ちなみに、その前の機種はベンハーでした)

その店は、ほぼ毎日・60~90%の台にモーニングを仕込む事で有名でしたが、チェリーバーの告知ランプは切っていなかったですね。(客が着席してコインを買うまで電源を落としていた)

ですので、電源ONの際が一番緊張していました(笑)

無論、11時30分まで換金禁止でしたけど。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。