December 01, 2005

1号機の基本的解説

テーマ:☆目次

【1号機とは?】


昭和60年2月に施行された「新風俗営業法」より、それまで何の規制もなかった

パチスロ機は、昭和57年に設立された「保安電子通信技術協会」(保通協)の

検査が必要となりました。


それにより、試験に合格し型式認定を受けたものが「1号機」と呼ばれるものです。


現在呼ばれている0号機というのは、単に便宜上それ以前にあったパチスロ機という

意味だけのものであり、当然規定も何もなかったのでスペック等今となっては全てが

謎のままなのです。


【対策機とは?】

1号機が市場に登場すると、開発時点では予想外の打ち方等でほとんどの機種が何

らかの攻略を受けてしまいました。その中でも特に、被害の大きい(要するに致命的欠

陥)機種に関しては、プログラムの改修を施して再び市場に登場しました。


これが「対策機」と呼ばれるものです。部分的にとはいえ、仕様が変更になっているの

で機種名が若干変更されています。


【1・5号機とは?】

1号機登場後しばらくは、ホール側の自主規制により「1店舗当たりの設置台数」「競合

店で同一機種の設置の自粛」等、様々な対策が施されました。


これは無意味な過当競争を防ぐ目的があったのですが、その為基盤改造等で集客を

煽るという皮肉な結果をもたらしました。


つまり「1号機の基盤改造防止対策」として登場したのが1・5号機というわけです。


基本的には1号機のプログラムを日電協ROMで統一し、基盤を封印するだけのもの

であったはずなのですが、「1号機で発覚したバグに関しては修正可能」だった為、部

分改良したはずなのに、結果的に更なるバグを生み出すという当時のメーカーの技術

力不足が露見する事となりました。


【基本スペック】

・ボーナス抽選は吸い込み方式OK

・ビッグボーナスは「純増方式」

・ジャックゲームは1ライン方式or1リール方式


*1ライン方式→コインを1枚投入して1ラインに指定図柄停止で払い出し

*1リール方式→コインを1枚投入して1リール停止、中段に指定図柄停止で払い出し

           2・3リール目を止めるには再度コインを投入する必要があった。

          (全リール停止時にはジャック図柄とは別に通常ラインでの払い出しも有効)


・1メーカー1機種のみ認可


【1号機全リスト】(目次)


ペガサス    (パル工業)

トロピカーナ (メーシー販売) ファイアーバード (瑞穂製作所)アメリカーナ  (ユニバーサル)

レッドサン   (尚球社)

ハイアップ    (タイヨー)

ワンダーセブン (高砂電機産業)フォーチュンワン (パイオニア)

プラネット(山佐) パルサー(日活興業)

ブロンコ アーリーバード (アークテクニコ)シャトル ボナンザ (バルテック)

ニューデートライン (興進産業)

クーガー      (大東音響)

ナイアガラ    (サミー工業)

スターダスト   (オリンピア)

キャスター   (北電子)

スーパーゴールド (ニイガタ電子精機)


ベルアルファ  (エーアイ)



【1号機時代のメーカー相関図】


現在、細かな提携関係(開発・販売含)を調査中です。

補足や訂正等、気付いた内容がありましたらこちら へコメント頂けると嬉しいです。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

hi-upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

2 ■re1号機

マックス・パブコに関しては本記事の方で一応
補足しています。メーカーではなく販社だったとか色々はっきりしない諸説ありますので、その辺
についてもう少し詳しく書いていただけると嬉しい
のですが・・・

1 ■ボナンザシャトル

シャトル  ボナンザは、マックスの製品です。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。