Hi-ROAD

道を走り続ける者の記録。

いつもHi-ROADのブログへ来てくれてありがとうございます!

ここでは道に関するものを日々の出来事に織り交ぜながら紹介しています。

ここをクリックして廃道探索へ

NEW !
テーマ:

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「国道」 の記事

テーマ:


出羽桜酒造株式会社 純米吟醸酒

稲露」(いなつゆ)



山形のお酒です。

まずは常温で。

注ぎ込むときの香りは控えめで、飲み口もほどほどに華やか、そして辛口。

お酒は辛口という方にはお薦めだ。

自分は飲み進むと「辛い!(泣)」と言ってしまうほどだ。。。


とりあえず冷蔵庫で冷やして後日飲み比べてみよう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎年のように千葉県の鹿野山にある神野寺へ初詣。

今年は2日に行ってみましたが。。。人が多すぎる。

来年からは三が日が過ぎてからにしよう。



神野寺を後にして恒例の九十九眺め。

いつもは全体をノビ~っと撮るのだが今年は望遠縛り。

撮りたいところだけを撮りなさい。

う~ん。

ここかな、、ここかな、、と探す。



日没にこの原岡海岸に居たかったのだが、少し遅れた。

でも大丈夫、カメラは光をたくさん集めることができるのだ。

ここは有名な撮影ポイント、江川海岸も有名ですけど今日はこっちを選びました。



カメラを構えている方が5,6名おりましたが、この方がすごくいい雰囲気だったのでフレームに入れさせていただきました。

これすごくお気に入りの写真です。

ほんとは。。自分がそこに入るから誰か撮ってくれ~!!という感じかな。



で、smile roadで載せなかった方の1枚。

桟橋がメインならこっちにしたけど、海をメインにしたかったので。



正面からも撮りたかったのですが。

この方、かなり粘っていたので。きっといい写真が撮れているはず。

そこに立てたらどう撮ったかな~。広角で桟橋の木の板ピントの海かな。。

電柱の圧縮で電灯にピントか。。



暗くなってもカメラを持った人は絶えず。

ちょっと原岡海岸で画像検索してみよーっと。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東京の夜明け第3弾。

夜明けの東京湾。

12月30日撮影。

この2日間夜明けを撮ってみた結果、やっぱ海かなということで。



このくらいが大好き。

なので今日の場合日の出が6時50分、ベストなのは天文薄明開始の5時19分には現地についていること。

遅くとも航海薄明の5時50分にはカメラがセットできていないとならない。




いつもなら1枚目の光の加減の光景を撮ったら帰り支度をするが、今日は太陽が出るまで待ってみた。




”初”という点では1月1日の日の出は重要なことかもしれないけど。

自分にとっては”見る”という行為の方が重要で、30日の早朝、海辺の公園でカメラを構えてる人が3人だけでも。

1月1日の早朝人がたくさんいる公園でもどっちでもいいわけで。。。




どちらかというと顔を出した太陽より、それを受ける後ろの富士山の方が重要なわけで(笑)

カメラで撮るということはそれぞれの人が何に重点を置いているのか見れるからいいね。

ホントはゲートブリッジを入れない方が良かったのかな・・・う~ん。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東京の夜明けシリーズ第2弾。

夜明けの京成線です。

12月29日撮影。

ホームの先端に陣取って電車をカメラに収める通称”鉄っちゃん”

このブログを読んでいただいている皆さんは廃道に興味があったり、道に興味がある私を許容してくださっているので、コアな趣味の人を偏見の目で見ることはないと思いますが。

その撮り鉄、これが意外と難しい。

自分も挑戦です。



スカイライナーはよく景色を反射してくれます。




ライトが照らし出す線路を強調してみたかったのですが。。




ガラガラの電車。

歩道橋の上での撮影を終えてホームに入ると、、、

ホームからの方が朝焼けに向かう形で絵が綺麗。

撮影ポイントを推測したり、知っていることはどんな写真にしろ大きなアドバンテージになるんだな~って思いました。

人もまばらな夜明けのホームですが、カメラを出す勇気が。。自分にはまだない。

普段通勤で使っている電車と普段乗らない時間帯の組み合わせ、これも新鮮。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日28日から仕事がお休みなので、ぶらぶらしてます。

カメラを持って。

朝の5時前から。。。

テーマは夜明けの東京。

12月28日撮影。



鳥とスカイツリー。

おっと、来年か鳥は。

早まった。




みんな寝てる時間、もしくは家で支度をしている時間ですかね。

スカイブルーツリー。




105mmで寄って撮っておいて、家でトリミング。

なかなかない、こんなてっぺん見ること。




アサヒビールさんの建物。

そうです浅草のビールの泡が乗ってるあの建物です。


スカイツリー越しの太陽を撮りたい皆様へ。

隅田川沿いがいいポイントですが、国道6号線より下流側です。

ドンピシャで背景に太陽にしたいのなら都営浅草線蔵前駅下車で川沿いに出るのがいいと思います。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

Hi-ROADのブログの中から林道に関する探索を抽出してみました。

 

ほとんど林道には入り込まないため、ここに載せているのは楽に入り込める舗装済の林道ばかりです。

 

更新頻度もかなり低いかもしれません。

 

林道○○線や、○○林道など呼び方はいろいろありますが、とりあえずは○○林道で統一しました。

 

 

 



東京大学演習林軌道 滝川線2

 

 

東京大学演習林軌道 滝川線1

川又八間橋-豆焼沢5.3km

開始・昭和4年 廃止・昭和44年

 

東京大学演習林軌道 滝川線 説明


群馬県 森林鉄道 摩那滝線

使用期間 昭和23~35年 延長4.5Km

Hi-ROAD

山梨県 林道川上牧丘線

山梨県にある標高2300mまで上がれる林道。


Hi-ROAD

山梨県 早川町の廃隧道と稲又の廃橋

御存知!見てきました、ギリギリ橋。


Hi-ROAD

山梨県 クリスタルライン全線(多数の林道を通過)

山梨県に広がる林道天国。

 


Hi-ROAD

 

東京都 鋸山林道

神戸岩までのチョイ探索。


Hi-ROAD

東京都 倉掛林道(風張林道・入間・白岩林道)

見てのとおりこの乗り物なので舗装路のみの探索。


Hi-ROAD

千葉県 東山林道

林道天国といえば千葉県も数多くの林道があります。

房総スカイラインに接続される林道。


Hi-ROAD

千葉県 天津林道

筒森トンネルが通行止めだったことがあり、海までの抜け道を探してこの林道へ。


Hi-ROAD

長野県 女沢林道

ふらっと立ち寄った林道。

入り口で様子を見ただけ。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここでは主に取り上げるのは「駅」です。

 

道の探索の途中で見つけたりしたものを撮影するので、駅の中でも秘境駅といった類のものが多くなるかと。

 

探索した道のなかに組み込もうと思いましたが、森林鉄道のことも入ってきたりするので分けました。

 

更新頻度も低く、あまり詳しくは紹介できていませんので・・さわり程度です。

 

 

 



遠山森林鉄道

長野県南信濃の山の中を走っていた鉄道。

もう一度走らせよう!遠山森林鉄道。

 

Hi-ROAD

わたらせ渓谷鉄道 通洞駅

栃木県日光市足尾にある駅。

 

Hi-ROAD

上越線 土合駅

群馬県水上の地下深いところにあるホーム。

 

Hi-ROAD

遠山森林鉄道

長野県の南信濃の山の中を通っていた鉄道。

車両保存は2箇所確認。

 

Hi-ROAD

大井川鉄道 前編

静岡県川根本町 大井川鉄道井川線。

千頭駅~ひらんだ駅、各駅を県道からアクセスしています。

 

Hi-ROAD

大井川鉄道 後編

静岡県川根元町 大井川鉄道井川線。

奥大井湖上駅~井川駅、尾盛駅(時間がなくアクセスできず)を除く各駅を県道からアクセスしています。


※写真なし

いすみ鉄道の車両が

いすみ鉄道の車両売買。

 

Hi-ROAD

小湊鉄道

千葉県 小湊鉄道。

高滝駅~養老渓谷駅

 

Hi-ROAD

いすみ鉄道 久我原駅

千葉県 いすみ鉄道。

国道から久我原駅へアクセス。

 

Hi-ROAD

飯山線 あしだき駅

長野県栄村、森宮野原駅~新潟県津南、越後田中駅

初めての探索です。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


奥の松 純米大吟醸

精米歩合50% 日本酒度-2・0 酸度1・4

常温で。

おっと。。

もっと華やかな感じを想像していたけれど。ちがう。

大抵は冷やせば飲みやすくなってしまうので今回はあえて冷やさなかったのだけど。

特別純米はどっしりした感じ。

純米大吟醸はかなり落ち着いている。フルーティーなというよりはちょっと甘い寄りの、ちょっと香りがある感じ。

冷で。

やっぱり冷やすと注いだ時から香りがふんわりときます。ムフフ・・・

飲んでみても鼻から抜けるフルーティーな香りがいいです。

でも落ち着いた華やかさで控えめな主張です。





奥の松 特別純米

精米歩合60% 日本酒度±0 酸度1・4

常温で。

まずすっきりしている!

お米の味がしっかりでていて辛くなく甘くなくナチュラルな感じ。

自分は辛口だと鼻にかかるようなアルコールっぽさを感じてしまうが、それがない。

きっと純粋な味わいを自分以外の人も感じていただけるのではないかな~と思うような。

冷で。

これは。。。

断然常温がお薦め。

無理に冷やさなくてもしっかりおいしい。

熱燗にしてみようかな~。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。