Shoji Morimoto FKB48 東大阪地域活性化委員会(仮称)
第29回『東大阪ふれあい広場』


FKBメンバーでもあるNPO共に自立あくしょん・村上さんが
参加されていました。


共に自立あくしょんとして
模擬店として、フランクフルト・ハッシュドポテト・豚汁...



演芸として、村上さんと池田さんで、歌を歌いました。


FKBからの大傍さんが応援にかけてつけていただきました。
大傍さん、有難うございました。



Shoji  Morimotoさんの写真




Shoji  Morimotoさんの写真





Shoji  Morimotoさんの写真


(Shoji Morimoto




AD

▼がま口作家A2として、ハンドメイドがま口の販売をいたします(≧▽≦)

恒例!「石切さんで手づくり市」開催

2015年11月22日(土) 石切神社にて手づくり市開催

石切をもっと楽しもう、もっと触れてみよう



開催日時:平成27年11月22日(日)午前9時~午後4時
(雨天の場合、翌日11月23日(月)へ順延)


会場:石切神社絵馬殿敷地内


主催:石切さんで手づくり市実行委員会


後援:
石切参道商店街参道振興組合


協賛:石切劔箭神社










AD

イベント告知です。

東大阪ではないのですが、梅田方面に出かける方はぜひお立ち寄りください。
私(高木孝夫)もスタッフの一人として参加しております。

...

⛄️チョークアートでクリスマス作品を描こう!

🎄11月28日,29日 グランフロント大阪の「梅田スノーマンフェスティバル」にチョークアートソシオも参加!🎂

🎉オイルパステルを使って指で描くチョークアート♪







好きな絵柄を選んでもらえます。
小さいお子様も、老若男女問わずどなたでも、気軽に参加できます。
ぬり絵感覚で描けるチョークアートでクリスマスのミニ作品をつくろう!



😀日時:2015年11月28日(土),29日 (日) 13:00~18:00
😀開催場所:グランフロント大阪・北館5階イベントスペース

(タカラ大阪HDC前)
😀参加費:1000円
😀定員: 随時入替え制



※事前申し込みはありません。当日受付のみです※
※資材がなくなり次第終了となります※



皆様のご参加を心よりお待ちしております。

p.s.指導講師は、「CAA日本チョークアーティスト協会」認定講師の鳴海愛子先生です。私はボランティアスタッフとしてサポートします。m(_ _)m




AD

【12月6日(日)】幸せの玉手箱カーニバル ベッド初登場で出店します

NEW !
テーマ:
こんにちは

疲れたカラダとココロを癒す
インド式ヘッドマッサージ
フットマッサージの福田和子です。





久しぶりに幸せの玉手箱が
区民セーターで開催されます。

癒しのスペシャリストが大結集!
出店ブースは約70

時間帯により色々なセミナーもありで
1日楽しんでいただける
幸せの玉手箱になること間違いなしです。




毎回好評を頂いています
インド式ヘッドマッサージ
フッドマッサージで出店します。

今回の幸せの玉手箱で
ベッドの施術初登場します。

気軽に受けていただけるのが
椅子に座ってのヘッドマッサージ

リラクゼーション度がより高いのが
ベッドに寝てのヘッドマッサージです。

フッドマッサージは膝からしたの
オイルマッサージです。
ベッドで受けていただけます。

価格は椅子に座ってのヘッドマッサージ
15分 1,500円
20分 2,000円
30分 2,500円

ベッドに寝てのベッド、フッド共に
20分 2,000円
30分 2,500円

何かと慌ただしくなる12月
今からスケージュール調整してくださいね

 

■幸せの玉手箱カーニバル■

日時: 12月6日 10:50~18:00 入場無料
会場: 東成区民セーター2F
大阪市東成区大今里西3-2-17
地下鉄千日前線、今里筋線 「今里」
2番出口から西へ徒歩3分


ベッド初登場!!
インド式ヘッドマッサージ、フットマッサージをベッドで受けていただけます


▼長田のおかげ燈籠

※おかげ燈籠とは伊勢皇太神宮への献灯を意味する。





長田の村内には、5基の『おかげ燈籠』が残されています。


この燈篭は、江戸時代に盛んに行われた、伊勢神宮参宮の記念物で、ほぼ60年おきに遷宮が行われる年の参宮は、「おかげ年」と言われ、平年より一層のご利益があるということから、慶安3年(1650)・宝永2年(1705)・享保3年(1718)享保8年(1723)・明和8年(1771)・文政13年(1830)と6回にわたって、各地で集団でのおかげ参りが行われました。



おかげ参りがひとたび起こると、父母や雇い主に無断で参宮する、抜け参りも多く、とくに文政の「おかげ踊り」とよばれる熱狂的な群衆の乱舞が関西を中心に広がりました。


また、おかげ踊りは幕末にあたる慶応3年(1867)の『ええじゃないか』踊りの騒動へとつながっていきました。


おかげ燈篭は、市内の加納・菱江・荒本・箕輪にもありますが、5基も残っているは、ここ長田だけです。


神社の境内に残る燈篭一対は、高さ約2.9mあり、慶応3年(1867)12月に建てられたもので、「献燈」「おかげおどり」「世話方子供中」と刻まれ、この地、村内には文政のおかげ参りの翌年の天保2年(1831)に建てられた、古いおかげ燈篭も残されており、文化財として大切に守って行きたいものです。






(平成6年12月 東大阪市)   掲示板より抜粋


長田神社(ながたじんじゃ)

東大阪市長田2-8-18

(グーグル地図)

https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92577-0015+%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%BA%9C%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E9%95%B7%E7%94%B0%EF%BC%92%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%98%E2%88%92%EF%BC%91%EF%BC%98/@34.6761888,135.5882583,17z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x6000dfede1f8c909:0x6780c3f447752508