明日から真似したくなる漢の映画

男子総草食化が叫ばれる、昨今。
男なら明日から真似したくなる映画を紹介していきます。
たとえ真似したところで、明日が全然変わらないにしてもだ!


テーマ:
{F1E8D039-8059-4092-A73D-428F5AB9CF48:01}

~史上最大の兄弟喧嘩!今、男たちが殴り合う!!~

「お前ら、喧嘩しろ!!」
この言葉は、今は懐かしいTOKIO司会の番組ガチンコにおけるBEーBOP予備校講師、大和龍門先生の言葉である。
足並みの揃わない生徒を前に発した言葉であったが、見た当時、ガキだった俺でも「無茶なこというなあ・・・」などと思ったもんだ。

{250F8502-5658-43A4-B340-E9C13F862D20:01}


だが、大人になった今、改めて思う。
あれはあれで真理だったなあ・・・と。

あれから俺も、結論の出ないグダグダな議論の場に何度か居合わせる機会があった
その度に、いつまでも白黒つかずに時間だけを浪費している様を見ては、お前ら、喧嘩しろ!と大和龍門先生のモノマネを披露しそうになったのは言うまでもない。
だが、この法治国家・日本で俺のモノマネが許されるはずもなかった。
いやまあ実際の所、8割くらいは他人の喧嘩を見たら面白いだろうなあ」という気持ちがあったが、
やはり、言葉だけでは伝わらないものがあるのは確かなんじゃなかろうか。
そうなったら気持ちを伝える手段は一つしかない。
そう、拳ですよ。

この「拳で語り合う」のが、兄弟、しかも打撃、寝技ありの総合格闘ルールだったら、どうだろうか?
それを描いたのが、今回ご紹介する「ウォーリアー」である。
というわけであらすじ。

ここアメリカのピッツバーグでは、総合格闘技No.1を決めるイベント「スパルタ」を数か月後に控えていた。
この男比べの賞金は500万ドル。
まさに最強を目指す男たちにとって夢の舞台であった。
{74294718-E5D1-4CF7-9816-10D0BB8EC439:01}


そんな中、ある事情を抱えた元海兵隊のトミーが、長年疎遠だった父パディのもとを訪ねる。
久しぶりの再会を喜び「コーヒーでも入れようか?」とトミーに言うパディだったが
「そんなもん飲まねえ。」とぞんざいに扱われるのだった。
というのも父パディの酒癖の悪さで一家が離散した過去があったのだ。
当のパディは過去を悔い、酒を辞めて3年は経とうとしていたものの、トミーが簡単に許さないのも無理のない話であった。
言葉も交わさずパディの家に居候を決め込むトミーだったが、絶賛無職中ということで間が持たない。
ヒマがあれば総合格闘技のジムに通いサンドバッグを叩く毎日を送るトミー。

ある日、トミーはジムの選手であるモヒカンが調子をこいているのを見かける。
モヒカンの次のスパーリング相手を買って出るトミーだったが、一度はジムのトレーナーに断られてしまう。
モヒカンからは「おい、ロッキー、今日はポーリーとミッキーはいないのか?」と冷やかされるトミーであった。
ロッキーをバカにする奴をタダで済ますわけにはいかない。
{5A9A9C6A-603E-4D87-9E27-8AA23B7A8066:01}


・・・という気持ちがあったかどうか分からんが、ゴリ押しでリングに上がるトミー。
のっけから龍虎乱舞のようなコンボを決め、モヒカンをマットに沈めるのだった。


一方トミーの兄、ブレンダンは高校の教師を務めていた。
娘と妻に囲まれ、誰もが羨む生活  …に見えたが、実際は娘の医療費がかさみ、家計は火の車であった。
こうなれば、バイトしかない。
手っ取り早く稼ぐため、日払い地下格闘技で糊口をしのぎ、昼は教師、夜は地下格闘技ファイターの二足のワラジを履く生活を送るブレンダン。
{3D201F1C-0F4A-45C8-9AA8-A9E155FA442A:01}


そこへ「弟のトミーが帰ってきたぞ。」と伝えにくるパディだったが、父を許す気がないのは兄ブレンダンも同じであった。
またも「よければ一緒にコーヒーでも飲もう。」と伝えるパディ。
ブレンダンの娘がパディを指さし「あのオジサン誰?」というものの「知らないオジサンだよ。」と、またしてもぞんざいに断られるのだった。
渡る世間は鬼ばかり以上に、こじれた家族であった。
{CCEDE692-48C7-4A8E-A22B-A129478029C7:01}


しかし運命は、皮肉にも男たちをスパルタのリングへ導く。
何とモヒカンを秒殺した動画がネットに上がり、トミーの「スパルタ」への参加が決まったのだ。
こうしてパディをトレーナーに気まずい親子鷹として、特訓を開始するのだった。
{D2F12EC5-CA34-4B21-93C9-6E8BC54EBCBA:01}


そして兄ブレンダンも所属していたジムの選手が怪我で欠場したという事で、かわりに「スパルタ」への出場を直訴する。
気がつけば教師の仕事も、危険なバイトがバレて停職になっていた。
家族の為にも、こうなりゃスパルタに出るしかない、と。
こちらも、かつてステイサムと森の中で殴り合ったフランク・グリロをトレーナーに「志望校は一本!」と言わんばかりに得意とする寝技を磨くのだった。
{421367BE-C94D-40EC-B744-EB9D7F4C38BF:01}


奇しくも同じように職の無くなった兄弟は特訓に精を出す中、最強を噂されるロシアのコバ、トミーへのリベンジに燃えるモヒカンなど、続々と猛者たちがスパルタ参戦への名乗りを上げる。


役者は揃った!

遂に幕を開ける格闘技の祭典スパルタ。
サブミッションの兄、ブレンダン。
ストライカーの弟、トミー。


ファイトスタイルが異なる2人は、お互いに肉親として抱く気持ちも異なっていた。
久しぶりの再会にもかかわらず、和解せぬままトーナメントを勝ち進んでいくのだった。
父であるパディは、そんな息子二人を見つめるしかなかった。
{ED5CCFC8-6296-4311-B4AF-66C6B4FF8DA6:01}


お互いに譲れぬ意地、そして確執を拳に込める2人の兄弟。
決勝を舞台に兄弟による拳のディベートが始まる!
「お前ら、喧嘩しろ!」
というように決勝の火蓋が切って落とされるのだった。
{549FFC38-30FF-4710-8E37-8D2001DAF68C:01}


思えば俺も、ある意味、総合格闘技ルールな毎日を送っている。
時に「誰かタオルを投げてくれ・・・」と言いたくなるが、この作品は忘れていた己のウォーリアー精神を見る者に思い出させてくれるのだった。

己の喪失感を埋めるが如く、反撃不能のコンボで相手を秒殺するトミー。
敵の猛攻を耐えに耐え、一瞬の勝機に全てを賭けるブレンダン。

どちらも、社会と言うの名のリングで戦う男なら、是非明日から真似したくなる姿勢だ。
特にトミーが試合決着後、ゴングを待たずに去るのだが、定時より早く仕事をキッチリ終わらせて帰る、「理想の男の退勤」を俺に思わせた。
{599255F1-3804-4AD7-B9FF-F1DE8CE4A280:01}


総合格闘技、そして家族をテーマにした本作。
男たちがくんづほぐれつになりがらも、泣ける様相を呈している。
だが、何と言っても泣けるのはニック・ノルティ演じる父パディですよ。
いくら原因があるとはいえ、コーヒーを一緒に飲んでくれないばかりか、勝利を祝っても、無視されるという、この悲哀。
試合でダメージを受けている兄弟より、メンタル面でのダメージがデカいのは間違いない。
思わず「誰かコーヒーを一緒に飲んでやれよ!!」と言いたくなった。

{1FD47FD0-533D-4423-8AE2-BD2EBC813AC0:01}




ここらへんでも、あまりの切なさで涙が出そうになるというのに、この映画はトミーの龍虎乱舞のように止まらない。
ダメ押しのようにラストで披露される号泣スリーパーホールドに至ってはトドメといっていい。
まさに見る者の感情を全力で締めに来る胴締めスリーパーだ。
ここまで付き合ってきたコチラも思わずタップしそうになる
・・・と同時に、「これから俺も、自分の気持ちを伝える時は胴締めスリーパーだな!」という答えを得たのだった。


というわけで、今作を見て、早速ウォーリーアー精神を取り戻した俺は、日夜総合格闘の技術を磨いている。
主に布団や枕を相手に。
そして、身近に悲しそうなニックノルティがいたら、コーヒーを奢ろう、と思うのだった。

長く生きていると、誰かと遺恨がある人もいるだろう。
もう目も合わせたくないとか、話したくないとか。
そういった感じで結論を急ぐより、まず拳を合わせてから考えるのも遅くない。
そんな明日から真似したくなる漢の映画である。

布団相手にグラウンド技を練習するアカウントは、こちらから→@eroerorocknroll

{E4606120-71F8-405E-A819-1C875186A363:01}


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

“DIE”sukeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。