明日から真似したくなる漢の映画

男子総草食化が叫ばれる、昨今。
男なら明日から真似したくなる映画を紹介していきます。
たとえ真似したところで、明日が全然変わらないにしてもだ!


テーマ:
最近は何処に行っても禁煙ばかりで喫煙できない世の中。
男が男として生きられない、言いたいことも言えないこんな世の中なわけですが、ますます「やってられねえよ」感が高まり、ますますタバコを吸う量も増えていく。

今回は、信頼できるハゲことブルースウィリスの「やってられねえよ」感満載でタバコを吸う映画「ラストボーイスカウト」をご紹介します。

ブルースウィリスといえば、最近では「シックスセンス」「アルマゲドン」なんかで人気なわけで、頭髪が薄くなればスキンヘッドにするという潔い男っぷり。
最近ではジェイソンステイサムなどの若ハゲが台頭している中、男の憧れるハゲ不動の№1の位置を依然として占める男です。

最近はスキンヘッドにしたせいなのか分かりませんが、結構小奇麗な役をやってたりしますが、出世作の「ダイハード」のように小汚くて泥臭い役が、ウィリスの真骨頂。

今作でのウィリスは、飲んだくれでヘビースモーカー、家族との関係は冷え切っており、パチンコ屋に入り浸っているオッサンのような小汚い恰好で私立探偵という、正しいハードボイルドっぷりを披露している。
女受けを狙ってなのかNCハマーのようなズボンが流行したりしますが、この作品のウィリスのチノパンはまあ薄汚れてる。
安定の小汚さ。
そして、浮気した奥さんが「寂しかったから」と定番の言い訳をすれば「だったら犬を飼え」と、言ってのけるなどいちいち一言に破壊力のある言葉をほとんどのシーンで返すウィリス。

人生に対して「やってられねえよ」感が満載です。

そんな「人生やってられねえ」感じのウィリスが、くすぶっていた正義感を再び燃え上がらせて、恋人を奪われたゾマホンみたいな帽子をかぶった元アメフト選手の黒人とともに、アメフト業界の闇を討つ、という典型的な女子が見たら明日にでも内容を忘れているようなあらすじ
だからこそ、男なら明日から真似したくなるシーンがある。

中盤、敵にさらわれてしまい、気がつくと椅子に座っているウィリス。
とりあえず起き向けに「タバコあるか?」
と目の前に立っているチンピラに聞く。
タバコを貰い、火を付けてもらうかと思いきや、いきなりチンピラにぶん殴られるウィリス。
へらへら笑うチンピラ。
「おい、タバコが落ちちまった。もう一本よこせ。今度やったら殺す」と、わざわざ忠告してあげるウィリス。
チンピラもへらへらしながら、タバコをもう一本くれてやるわけですが、またウィリスをぶん殴る。
そして、はしゃぐチンピラの顔面にウィリス渾身のパンチが決まる。
「言っただろ」と言い、チンピラからタバコを失敬するウィリス。
パンチの当てどころが悪かったのか、パンチ一発で死んでしまうチンピラ。
もう一人いたチンピラが「こいつほんとにやりやがった!!」というセリフを吐いている中、悠然ととタバコに火を点ける。

これが正しい男のタバコの吸い方だと、いわんばかりの名シーンである。
アルマゲドンのように人類を救うウィリスより、やさぐれて、タバコを吸うウィリスのが、男子的にはグッとくる。
まあ間違ってもウィリス作品で№1という人いないとは思うが、どんなにぶん殴られても、とりあえず男にとって一服は大事だ!!という事を改めて考えさせてくれる、明日から真似したくなる映画である。

ラスト・ボーイスカウト [DVD]/ワーナー・ホーム・ビデオ

¥2,100
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

“DIE”sukeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。