明日から真似したくなる漢の映画

男子総草食化が叫ばれる、昨今。
男なら明日から真似したくなる映画を紹介していきます。
たとえ真似したところで、明日が全然変わらないにしてもだ!


テーマ:
どうしても人間、嫌なことがあると、愚痴をこぼしたくなる動物のようで。
かつてはどうしようもないエロ話や最近見た愚にもつかないB級映画の感想で朝まで盛り上がったもんです。
まあ、しかし、30近くなると、社会の荒波に身を任せてしまうせいなのか、同い年の連中と酒を飲むと、「いや~うちの会社のハゲ上司が~」やら「いや~最近の政治家は~」などとハゲた人やら、政治家のように脂っこい顔した人から仕事の愚痴を聞かされ、かと思えば「僕の最近のプロジェクトは~」などと自分の仕事の出来るっぷりを鼻毛が出てるにも関わらずドヤ顔でカマす人のおかげで、酒の席もうんざり、何とか話を合わせようと、濁った雰囲気になりがちである。

僕から言わせると知るか!!こっちはプレデターの話をしに来てんだよ!!って事なので、今回はアーノルドシュワルツェネッッガー主演の「プレデター」をご紹介します。


夏と言えば「金曜ロードショーの『ほたるの墓』か、日曜洋画劇場の『プレデター』」と言われるほど、夏の風物詩と言われるようになって久しいプレデター。
プレデターの放映を知ると、「ああ、もう夏か・・・」と季節の変わり目を感じる映画である。

舞台は密林地帯。シュワルツェネッガー(入力がめんどくさいので、以後シュワ。)率いる救助部隊という名の屈強な殺人筋肉ダルマ軍団が要人救出の為に出撃するが、姿の見えない謎の宇宙人に次々と血祭りにあげられる、というストーリー。
まあ、あらすじを書かなくても、一般男子にとっては常識ですね!
野暮でした。

最近では、「プレデター」単品より「エイリアンVSプレデター」のが有名ですが、プレデター原理主義者の僕としては、あんな女に優しくて弱い童貞のプレデターの何が良いんだ!!とのたまう位、非常に嘆かわしい現状である。
・・・と言いながらも結構好きなんだけどね。
中二の頃の恋愛のように、愛憎交わる、「エイリアンVSプレデター」メモリーは置いといて、「プレデター」は明日から真似したくなるシーンばかりである。

冒頭のシーン。
ヘリから下りてくるシュワ=ダッチ。
歩を進める先は密林地帯。
口元には葉巻、そして、有り余る筋肉を覆う赤いTシャツ。
シュワの筋肉以外は許されないコーディネートである。
そんなシュワの視線の先にはロッキーのアポロ役で知られる、カール・ウェザース=ディロン。
こちらも負けじと、有り余る筋肉をパツパツのYシャツにネクタイでコーディネート。
これほど用件をなしていないクールビズを目にする機会はそうそうない。
ダッチと目が合うディロンが一言。
「ダッチ!!」
「ディロン!!」
がっしり握手する筋肉ダルマ二人。
「この野郎!!生きていたのか!!」と嬉しそうなダッチ。

そして、空中でガッチリ握手したまま、腕相撲バトルへ!

「デスクワークで腕がなまったんじゃないか?ディロン。降参か?」と不敵に笑うダッチ。
「誰がお前なんかに負けるか・・・」と必死に青筋を立てて負けじとするディロン。
押されるディロンが、さっきまで必死の形相から、笑顔で一言。
「ははっ(笑)負けたよ!降参だぁ!!」
と肩を組む二人。

この数分のやり取りで、二人の仲良しっぷりが伺える。
「良いもの見たなぁ」感が満載の、何度でも見たくなるシーンである。

また、中盤、姿の見えないプレデターの恐怖におののく面々。
葉っぱに付着した蛍光色の血液を見て、振り向きざま、シュワが言う一言。
「血が出るなら殺せる」
この無駄な説得力。
男なら人生で一度は言いたいセリフである。

終盤、プレデターの襲撃により、部隊の人間が次々と血祭りに遭い、一人となったシュワ。女ゲリラの人質を救助ヘリの場所まで行かせる。
手持ちの武器をほとんど失い、お手製の武器でトラップを仕掛け、敢えてプレデターに戦いを挑む。
確かに敵は宇宙人だが、別に地球を侵略しに来てるわけではないので、まあ逃げれば良いわけなのだが、当時のシュワは女子供と一緒に逃げるようなまねはしない。
「血が出るなら殺せる」ことを証明するために、世界の中心で愛を叫ぶよりデカイ声で、密林の中心で松明片手に半裸で雄たけびを上げる。
たとえ宇宙人だろうがなんだろうが、やられっぱなしじゃいられねえ、プリミティブさ。
字にしてみると、相当馬鹿なシーンのはずなのだが、男は、こうした「道理を超えた、無駄な事に命を掛ける図」に燃えるという厄介な動物なのである。

まあグダグダ書きましたが、一般男子の常識ですね。
野暮でした。

愚痴をこぼしたくなる時もあるかもしれないけど、久しぶりに会う同い年には握手からの腕相撲、自慢話をするときも、説得力を持たせるために半裸で松明片手に叫びたくなる。
そんな明日から真似したくなるSF映画である。





プレデター(DTSエディション) [DVD]/20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP)

¥1,490
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

“DIE”sukeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。