社民党の福島瑞穂党首は29日朝、TBSテレビの番組に出演し、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題に関する政府方針への署名を拒否し、鳩山由紀夫首相から消費者・少子化担当相を罷免されたことについて「党首として党の決定に従ってやったことに関する罷免だ。わたしを罷免することは社民党を切り捨てることだ」と述べ、連立政権から離脱せざるを得ないとの考えを表明した。
 同党は福島氏の罷免に反発、連立離脱する方針を既に固めている。福島氏は、正式には30日の全国幹事長会議で対応を最終決定するとしながらも、「社民党としても重大な決意をしなければならない」と強調した。同党の又市征治副党首も別のテレビ番組で、「連立離脱が筋だ」と主張した。 

<警察庁>日証協DBに暴力団情報提供 証券取引から排除(毎日新聞)
<静岡県浜松労政会館>規定より早めに閉館…委託先が勝手に(毎日新聞)
偽装結婚仲介で男逮捕=比人ニューハーフと―福岡県警(時事通信)
子ども手当、間もなく支給 「制度に不備多い」自治体に疲労の色(産経新聞)
官房機密費「目的分からぬ」(産経新聞)
AD