香住漁港(兵庫県香美町)で27日早朝、深海魚「リュウグウノツカイ」2匹が水揚げされ、地元の漁業関係者は珍しい魚の姿に驚いた。

 2匹は体長は約4メートル。体が平たく細長いのが特徴で、最大で体長10メートルにもなる硬骨魚類では世界最長という。沖合約1キロの定置網にかかっていた。

 外洋に生息し、めったに姿を見せることがないだけに、セリでの購入者は「香住では10年に1度水揚げされるかどうかの珍魚。展示用にします」。

【関連記事】
ウナギのご先祖様は深海魚 遺伝子解析で判明
採った、撮った、食べた~愛媛の深海魚ブロガーは耳石の研究者だった
“ワケあり”の魚も食卓へ 阪神百貨店が安価で販売
珍しい深海イカ撮影 風船状に膨らみ浮遊
「コンペイトウ」の赤ちゃん誕生 越前松島水族館

首相動静(1月30日)(時事通信)
両陛下ご宿泊 老舗旅館で不法就労 容疑の社長きょう書類送検(産経新聞)
「朝青龍に殴られた」被害者が警視庁に相談 被害届は出さず(産経新聞)
首相が日本経団連新会長に期待「政策伺いたい」(産経新聞)
保険金など2千万着服容疑、元郵便局長逮捕へ(読売新聞)
AD