105回目の堂夏(どうなつ)✩✩

何の変哲もある健康ブログ。


テーマ:

 

 

手の指紋のように、

一生ずっと変わらない

イメージの血液型。

 

 

Bならずっとこのまま、

と思いきや、

実際は1生のうちで、

変わっていることが

あります。

 

 

といっても、

先月Oだったのが

今月Aになっていたというの

ではありません。

 

 

世に出てきた頃、

生まれて間もない時の

血液型と、

 

 

その後数年たってから

の血液型では

変わっていることがあるのです。

 

 

 

理由としては、

大人になっても変わらない

血液型に定着するのが

2歳~4歳位だからです。

 

 

なので、生まれてすぐの

時の血液型と、

その後の血液型に

変化があったりしますが、

 

 

この場合の注意点とか

はないように思いました。

 

 

血液の型が重要になる場面、

輸血(ゆけつ)の時などが

当てはまりますが、

 

 

この場合は、

その時に安全のために

型を調べるので、

 

 

最初の血液型と違って

いても、さほど心配は

なさそうですね。

 

 

 

なお、こういった理由以外で

血液型が変わる、

 

 

たとえば、

環境の変化とか、

何かの病気の後とか、

型が変わるように

ちょっとだけ祈ったとか、

 

 

こういったことで

血液型が変わることは

ほぼ、ないといえそうです。

 

 

 

○まとめる

 

 

 

 

一生変わらないイメージの

血液型。変わっていることもあり。

(生まれてまもない頃と数年後で変化あり)

 

 

 

でも、心配は何も

なさそうです。

 

 

 

本日もありがとうございます。

トコマ。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

アルコールが使われている

品は様々だと

思います。

 

 

 

飲むお酒以外にも、

手洗い場でも、

消毒用のアルコールが

設置されていたりしますね手洗い

 

 

 

近頃は、この消毒用アルコールを

飲んだりする年代の方が

おられるとのことです。

 

 

 

小学生位の年代の方に

多いとのことですが、

日本だけでなく、

アメリカ方面でも、

事例が多々あると聞きます。

 

 

 

意図的な

あそびなのか、

それとも誤飲なのか、

消毒用アルコールを飲む

理由が謎ですが、

 

 

 

今では国内の学校でも

消毒用アルコールが

おかれている所があるので、

 

 

さほど危険なものという

印象は感じられません。

 

 

手を洗う分には安全で、

頼もしさを発揮する

消毒用アルコールですが、

 

 

飲んでしまうと、

健康的には正直

無害とは言えないと思います。

 

 

 

こういったことから、

手洗いをしよう、という張り紙同様に、

消毒用アルコールを

飲まないように、という張り紙も

学校などでは、

必要なのではと感じました。

 

 

また、

他国では⇒おとなもわざと使うという事例も

あります。

 

 

 

○まとめる

 

 

 

どこにでもある

身近な消毒用アルコールは、

食用ではないので、

無害とはいえません。

 

 

あそびでも、

口に入る量が増えれば、

有害になると

思いました。

 

 

 

本来の使い道で、

安全に使いたいですね。

 

 

 

 

本日もありがとうございます。

トコマ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

年をとると他の所に変化は

あっても、声だけは昔と

変わらない、とも聞きますが、

 

 

 

実は声も年とともに

変化があります。

 

 

声出しの時に使う

声帯(せいたい)に

老化があらわれるからです。

 

 

 

 

声帯に老化がでると、

朝、声が普通に出せても、

 

 

1日におわり頃には

かすれてきて、声出しが

しんどくなるという

ことが起きやすいです。

 

 

 

でも、声帯に少し気をつかって

あげることで、

老化の影響を最小限に

できそうです。

 

 

せいたいに気をつかう。

 

身近な事では、

こんなことです。

 

 

①のどを冷やさないようにする

②必要以上の長電話・長話をひかえる

③数曲連続での熱唱をひかえる(カラオケ時など)

④真横の人との会話ではヒソヒソ声を使う

⑤怒らない(どなると声帯に××な為)

⑥カゼの予防(うがい)

⑦かしつ器の使用

 

 

 

他にもあるかも

しれませんが、

効果的なものを

7つ書きました。

 

 

 

④の真横の人にヒソヒソ声というのは、

この声の出し方は、

声帯に負担をかけない

声だしなので、

喉をいたわっている

ことになると思います。

 

 

でも、

遠く離れていると、

使えないので、

ヒソヒソ声と、

普通の声だし、

使い分けるのが

良さそうですね。

 

 

 

⑥はカゼ予防。

セキが沢山出るので、

声帯を疲れさせてしまいます。

 

なので、カゼを遠ざける

ことも、喉の声帯を

いたわることに

つながります。

 

 

 

のどあめ等を

持ち歩くのも

良さそうですね。

 

 

 

 

また、①~⑦には

書きませんでしたが、

ラジオ体操を行うのも

良いといえます。

 

 

 

声帯の部分が老けてくると、

息を吸う・吐くの動作も

老けてくることがあるからです。

 

 

ラジオ体操は、

こういった呼吸の力を

鍛えるのに効果的な

深呼吸の動作が

含まれているので、

有効といえます。

 

 

同時に全身の体操になるので、

一石2ちょうと

いえるのでは

ないでしょうか。

 

 

 

 

○まとめる

 

 

 

声の老け、

喉・声帯をいたわる

ことが、大切だと

思いました。

 

 

 

 

本日もありがとうございます。

トコマ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。